アーティストであり続けるために。あなたの信じるものを貫け。

時に作品作りや、ライブのパフォーマンス、活動の方向性などで迷ってしまう時。誰かの心無い言葉に気持ちが揺らいだり、弱さが出てきてしまいますね。

アーティストが判断に迷った時、何を信じるか。

アーティストとはいえただの人。何も迷いがなければ逆に多くの人に共感を得られるような心の変化を歌にできないでしょう。

僕の場合、悩みに悩んで、ネガティヴに落ちまくっていった挙句、もういいかと開き直った時に爆発的に行動を開始するというパターンがよくあります。人の脳みそは何か課題を抱えていると、自分で考えていない間でも頭の片隅で回答を探し続けていて、なにかふとした時にパッと答えが浮かんだりしますね。

つまり悩みに悩んでいるプロセスも必要なこと。そこで悩んでしまうということは、あなたがそれだけ真剣にその問題と向き合っているという証拠、その強烈な意思が、作品として形になったとき必ず誰かの心に届くでしょう。

アートは競争ではない。誰かと比べたりした時点でもう負けている。

誰かは歌が上手い、誰かはルックスがいい、誰かは作曲のセンスがいい・・いろいろ他の人と比べてしまったりして落ち込むことがあるかもしれませんが、 人生と同じで、誰かと比べてしまった時点で、幸せとは遠ざかっています。あなたはあなたの良さを信じて伸ばすしかないし、誰かと比べて卑屈になっている人を、人は魅力的に感じないでしょう。

歌手、ミュージシャン、アーティスト・・夢を叶えるためのたった一つの法則。

あなたの心が躍っているか?あなたが心から感動できているか?それだけ信じていれば大丈夫。

結局、誰かにどう言われようと、最後にそれを表現するのはあなた。あなたの心が震えていなければ、それを表現しようもありません。もちろん、あなたの表現したい何かに必要な技術や方法論をすでに誰かが知っているなら、その先生に手助けをしてもらったほうが早く結果に辿りつけるでしょう。しかし、何がいいものであるかというのを決めるのは先生ではなく、常にあなたです。

夢中になってやり続けられるもの、それこそがあなたが今やるべきこと。

貫け、といっても、たとえ好きで始めた音楽も、同じことを義務的にずっとやっているとやっぱり飽きてきます。そういう時は、とりあえず他のものに手を出してしまうのもアリだと思います。人間は興味をもったものほど効率的に吸収できるようになっています。

音楽は、楽しんでいなければ絶対にうまくいかない。

意外に、他のことで得た知識が本来やろうとしていたことに役に立ったりするもの。人生はすべてつながっています。

僕の場合は、一時期音楽と距離を置きたいなと思うくらい行き詰まった時があって、一切音楽をやらないで、自転車にはまって長距離走ったり、料理をしてみたり、いろいろなことにチャレンジしました。

そうすることで体を鍛えられて、気持ちが前向きになったというのはその時かなり感じました。それで何か運気が変わったのか、そんな時にふと行ったセッションで出会いがあり、小さな仕事につながって今があります。

自分が好きでやっていることですから、楽しくなければ意味がない。適度に脳みそも体も緩めながら、信じてやり続けましょう!

2016-01-29T11:19:26

ライフスタイル

おすすめ記事

Sing for a Lifetime.
音楽を諦める理由なんてあるはずない。

最先端のメソッドを組み合わせた、楽しく続けられて結果を出せるボーカルレッスン。

弾き語りからDTMまで、わかりやすく実践的な作詞作曲レッスン&楽曲制作サポート。

人生を音楽と共に。夢の実現、活動方法、ライブ、営業など諸々を一緒に考え理想へと導くコーチング。