売れているあいつに心がざわつくのは、燃えている証拠だ。

なんであんなのが売れているんだ?とか思うことはありませんか?人前に出てなんぼのアーティストを目指しているみなさんなら、自分より目立っている人をライバル視してしまうのは当然でしょう。心の中では、大したことない、とか思いつつも、やっぱ自分もそうなりたいという気持ちがあるもので。

やられたな!それを素直に認めるところから。

自分より活躍している人を見て、いや自分には関係ないし、やってるジャンルが違うし、自分は自分だし、そんなことを思って自分のやるべきことをやる、それはもちろん正しい姿勢なんですが

同世代だったり、自分と近いものがあったりするとつい気になってしまう。

なんでそれを見て気になってしまうんでしょうか?それはきっと心のどこかで、意識してしまうような要素が含まれているからではないでしょうか??

どんなやり方でも、人に注目されて評価されるというのは並大抵のことではありません。その人の努力や、一歩前に出たという勇気、行動力は素直に認め、リスペクトすべきなんです。

ちょっと自信がついた頃こそ、謙虚さを忘れずに。

すこし何かがうまくいくようになると、人はすぐ調子にのって周りを見下そうとしますよね。マウンティングしたがるやつほど人間が小さい、これに陥らないように細心の注意を払いましょう。(自戒を込めてw)

なぜなら、音楽業界、特にプロを目指そうとする人たちのコミュニティというのはとても小さな世界です。今はたいしたこ実績のない人が、努力に努力を重ねて大ブレイクするようなこともざらにあるし、昔ケンカしたミュージシャンと大きな現場で一緒になるとかwそんなことも十分にありえます。

良いライバルの存在のおかげで、お互いに意識しあってとんでもないレベルまで行った例は、いろんな世界でありますよね。悔しさをバネに、絶対負けない気持ちでプラスの力に変えていきましょう!




プロになんでも相談できる
レッスン&プロデュース

ボイトレ、作詞作曲、音源、映像制作、ライブサポートなど、音楽活動全般について相談できる、出し惜しみなしの体験レッスンは¥2000~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約