wood

歌う前にもストレッチが効く!


歌う前のウォーミングアップ、みなさんどんなことしていますか?

カラオケなんかに行くと、いきなり歌い始めたりして、徐々に体を温めていく感じになるかもしれませんが、特にいきなり全開で声を出そうとして一発で喉を痛めてしまうケースありませんか?そういったことを防ぐ意味でも、ストレッチ的なものをいくつか紹介。

歌う前のストレッチは首、顔、そして・・

歌はつい喉周りに意識がいきがちですが、呼吸という大切なエンジンがあってこそ。声帯の周辺が固まらないようにということで、首を前後に曲げる、回すストレッチは定番ですね。

そして顔、表情筋。顔が強張らないようにしましょう。思いっきり口角を上げる感じで”イ”、顔を縦に思いっきり引っ張る感じで、眉もあげて”オ”の表情などで伸ばしてみましょう。普段から表情が動きにくい人はこちらの記事も参考に。

表情筋が固まっていませんか?歌は顔で歌え!?

そして肩周り、特に肩甲骨のストレッチ。呼吸、姿勢のベースになる部分です。姿勢も意識しながら。こちらの記事を参考にしてみてください。

自分の肩がこんなに動く!

そして全体としてオススメなのはこのイチローストレッチ。

女性も必見!イチローストレッチのすごい効果! – NAVER まとめ

一回で体の大切な部分がいろいろ伸ばせる、もともとはお相撲さんのストレッチですね。腸腰筋も体感、腹圧の支え、キバる力として、声にとっても大切な筋肉です。腰割りの効果で丹田への意識も高まります。これ、結構大きな筋肉を一回で伸ばせるので、すぐ体もあったまりますよ。

そしていつものリップロールから。

そして声出しはリップロールから始めるというのが僕の定番です。自分で無理なく出せる一番高い音域からプルーーーと一番下まで下がっていく、そして逆にしたから上がる、というのを毎回やっています。

リップロールはかなり無理して大きく出そうとしても喉への負担が少なく、喉に力が入りにくいので最初のウォーミングアップにオススメですよ。

リップロールって効果あんのかい?

いきなり地声で張ってしまうのが一番負荷がかかりやすいので、最初に裏声を出しておいた方がいい、というのも一つ覚えておいてください。歌っている途中でも、何か疲れがきたら裏声を適当に出しやすい音域で出してみましょう。裏声には声を引き延ばす、ストレッチする効果がありますよ。

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

新曲MV公開中。