米津玄師の新曲に衝撃を受けた。

米津玄師の新曲『Flamingo』の動画が公開されましたが、これが個人的には衝撃的な内容でした。

2分15秒〜からの衝撃。

かつてDJ KRUSHがHip Hopの中に日本の古典的リズムと通じるものを表現したように日本の古典的歌唱が、このような形でブラックミュージック的なリズムと融合したものを、少なくとも僕は初めて聞いた。

米津玄師はまじで天才、と前から思ってるけども本当にクリエイターとしては嫉妬しかないくらい。時代の最先端をいきながら、こんなに脱力した尖ったものを出すっていう強さ。

椎名林檎がロックに古典的歌謡を盛り込み、中田ヤスタカがEDMに童謡を盛り込んだように、今は米津玄師が純粋な日本的カルチャーとしてのニコ動から生まれたアイデンティティを背負っているのかもとか。

どこかしらチェインスモーカーズみたいな現代的なワールドスタンダードの音楽の影響も受けながら、日本的アイデンティティも背負っていた打ち上げ花火とかを経て、古典的歌謡曲の泣きメロ要素をしっかり持ったLemon。

米津玄師はたぶん事実上今日本で一番売れている。アイドルとかはやっぱり、いろんな方法で枚数が多くなったりするので(否定じゃないですよ)実際の盛り上がり感が測りにくいけど、本当に今の日本の音楽シーンは捨てたもんじゃないと思う。ネット界隈でしか盛り上がってない感じのアーティストもいるけど、すごい才能がたくさんいる気がしている。

今も若い子たちに歌を教えたりする日々で、どんな音楽が好き?とかよく聞いている立場としても、昔の音楽はなー、とか語りだしたら終わりだなと常々思う今日この頃。

あらためて今自分にできること、自分にしかできないことを考えたりします。

というわけで、まさに今自分にしかできないこと筆頭イベント!!!w
J-POP JAMは次回12/6に決定いたしました。

若い才能を育てる場としても、よりいろいろな方向に発展させていきたいと思っておりますので、みなさまぜひ遊びに来てください。

2018-10-21T23:24:38

アーティストの考え方