ボイトレの音源を考え直してみた。

日々レッスンでピアノの伴奏をしながらボイストレーニングしてるんですが、これってもうちょっと自由にならないのかな?と思い立って、音源を作ることにしました。 

ピアノから自由になることで生まれる視点

ボイストレーニングといえば、ピアノで先生がスケールを弾きながら発声していくもの、という歴史があるわけですが、それって本当にそうじゃないといけないかな?と思いました。

スマホでyoutubeで歌手の映像を確認したり、カラオケなんかもすぐ探せる。なんならピアノがない場所でもレッスンできる環境はいくらでもある。

ピアノに縛られていると、どうしても目線がピアノや楽譜に行く瞬間があったりしますが、オケなら歌手に近づいて体の動きなど見ることもできますね。

僕もレッスンをやっているおかげでピアノが上達したのですが、生のピアノに合わせて歌える!ということを売りにするならわかりますが、普通のボイストレーニングにおいてはもはや、ピアノを使うメリットがあまりないのかもしれない。

個人的には、アコースティックのピアノでレッスンできるのは好きなんですけどね・・。時代の流れもあってか、アコースティックのピアノがあるスタジオが渋谷でまた一つなくなってしまい、これからのレッスンを一新していきたいと思います。

なぜボイトレ音源は続かないのか??

ボイトレの教材などについてる音源で練習したことがある人も多いと思いますが、続いてますか??僕も一時期続けた教材もありますが、いまいち効果がわからないままやめたりしたものも多い。いろんな要因があると思いますが、一つにはボイトレの音源が音楽、歌とかけ離れているという要因がある気がしています。

僕たちは常に歌うように声を出すべきで、歌う時には必ずリズムを意識するべき。リズムの練習だけ取り出してやる、という先生もいますが、僕は正直そういうのはやったことがない。

じゃあどうやってリズム感を身につけたかというと、もともとDJをやっていたときに、ビートに合わせてひたすら頭を揺らしていたことが、自分のリズム感の基礎を作ったような気がしてならないんです。

昔はアナログのターンテーブルしかなかったので、今かかっている曲と次の曲のテンポを合わせるために、主導でピッチをコントロールする必要があった。それをものすごく練習していた時に、リズムの感覚が研ぎ澄まされた気がします。

リズムがあったほうが、楽しい!!

というか、単純にリズムがあったほうが体が動くし、体が動いたほうが声は出やすい。リズムの練習もできて、声の出し方も身につく、みんなでやっても楽しいボイトレ教材があったらいいななんて思いまして。いろんなバージョンをつくってみています。

そのうち体系的にまとめて、レッスンで活かせるような教材にしていきたいと思っていますので、興味がある方はぜひ体験レッスンへ!

2018-09-24T08:55:02

ボイストレーニング