Live配信を続けてみてわかったこと。

最近忙しくても、1日の終わりにLivemeで配信を続けていてあらためてわかったことがあります。やっぱりライブは不滅ですね。

ライブはエネルギーの交換だ!

とても疲れている時でも、ライブをしているうちにみんなの期待に応えようと元気を出してしまって、そうしているうちに気が付いたら自分も元気になっている。そんなことの繰り返しでなんだか日々の暮らしが充実している気がします。

こんな循環に乗れたら、逆にライブしない方が落ち着かない。中毒性があるというか、自分が認められているという実感を持てる機会ってそんなにないから自己実現感があるのかもしれませんね。

そんな雰囲気を作ってくれるのも、いつもライブを見に来てくれるみなさんがいい空気を作ってくれるからこそ。コメントで定番のネタなども出て来て、いいコミュニティができてきてますw

目に見えないたくさんのファンより、目の前の一人。

売れよう売れようとしているうちは、目に見えない大きな名声を、雲をつかむように探してもがいている状態かもしれませんが、結局目の前の一人、一人をいかに楽しませるかが原点。
それをみて、いろいろな人がなんだなんだ?と寄ってくるわけだから、それをできないうちはやっぱり大した魅力がないんだと思います。

そんな状態で、大きなメディアにでればとか、大きな事務所に入ればとか、そんなことばかり考えてしまうと何よりやっていることが空虚すぎて楽しく続けられなかったり。

もちろんそのやり方でうまくいくパターンもありますが、地に足つけて、目の前の数人と楽しいホームパーティーをする感じでライブしてパフォーマンスを磨いていくプロセスも最初は必要。きっとそこから大切な基礎をたくさん学べます。

数人に認めてもらえるだけで生きていける。

僕がよくMCでいう、昔2人しかいないとこでライブした時、そのうちの一人がとても良かったですと言ってくれたのが嬉しくて、そんなことが続いたから今までやってこれた。っていう話がありますが

一人で練習してるだけではやっぱり、疲れてる時にはやる気が出なくなったり、虚しい気持ちになったりもするもの。多少完成度低くても、人前で思い切ってやる方がよほどエネルギーも湧いて来ます。

というわけで、僕もしばらく、配信しながらいきなりうたったことのない曲を初見でコードみながら歌うとかやってるんですけど、やっぱり全く形にならないと飽きられますねw

初見だけどプロだからなんとかする!とかそういうハードルは流石に必要かなと今更感じたりする今日この頃です。

というわけで、今後しばらくは夜10時前後にLiveme,そして17liveも定期で主に昼にやっていこうと思いますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします!

2018-06-15T15:10:04

アーティストの考え方