J-POP JAM 一周年、大盛況ありがとうございました!!

昨日はJ-POP JAMにご参加いただいたみなさま、ホストバンドのみんな、スタッフのみんな、本当にありがとうございました!!今回初めてのアコースティックステージの試みで、改めてそのシンガーの声の魅力などがはっきり伝わって新たな感動を感じてもらえた人も多かったのではないでしょうか??またこの企画をブラッシュアップしていきたいと思います。

あらためてホストの神バンドに感謝。

改めて一年分の感謝とこのイベントにかける思いをバンドメンバーに伝えようとグループライン用にメールを書いてたら超長くなったのだけど一部抜粋して掲載。

"バンドのみんなは、理想とするクオリティを出せるだけの準備時間が足りないとか、いろんな葛藤がありながら、最後はえいっと、良い意味で適当にw演奏するしかない部分とか、それでもうまくいったり行かなかったりとか、みんないろんな思いを抱えたりしながら参加してくれてるのかなあなんて思ったり。

全部ジャンル感もリズムパターンもバラバラなJ-POPというなんでもありなものを、ジャズみたいにある程度フォーマットの決まった音楽のセッションと同じように捉えることには無理があるのかもしれませんが

それができたら日本独自の文化になるなあという希望もあり。そういう独特なものに昇華できたら日本唯一のセッションになるのかなあなんて。

いまはまだまだミュージシャンが、えJ-POPでセッションなんてできるの?とか、J-POPとかダサくね?とか、ソロ回ってこないなんて意味なくね?とかw いろいろあるのか知りませんが、J-POP JAMのバンドってJ-POPをかっこよくやれてマジですげえな!っていう感じになれば新しい文化になると思ってます。

去年LAに住んでるベースのLinくんに聞いた感じで多分、アメリカのセッションライブみたいなのってパブみたいなとこで夜な夜なポップススタンダードをいろんなふうに演奏して、お客さんがそれで盛り上がって酒飲んでるみたいな感じっぽいんだけど

そういうのを日本でそのまま洋楽で真似しようとしている人たちはまあちょいちょいいたわけで。でも僕は日本ならこれJ-POPでやらないと意味がないと思ってるんですね。お客さんがわからないから。

うちの田舎のJ-POPしかしらない友達でも楽しめるジャムセッションがやれたら、本当に日本の音楽シーンを変えられるインパクトがあるなと思ってます。

J-POPはただの言葉、コミュニケーションツール。世界にある素晴らしい音楽の中のたった一つのローカル言語。でも、やっぱりそれが今僕らが暮らしているこの国では一番の共通言語。だからそれでコミュニケーションをしようよ、というだけのこと。

伝えたい内容こそが一番大切なのはいうまでもない。別に言葉はJazzでもSoulでもなんでもいい。ただ、日本人なら日本語が一番伝わりやすいよねっていうだけ。

もちろん、人によっては自分は英語の方が得意だけどって人もいるでしょう。でもそういう人が喋る日本語にも独特の面白さがあるはず。昨日も外国からのお客さんが何人か来てくれてたけど、まさにそういうのを目指したかった。"

ということなんですね。改めて。長いですがw

僕も昨日のアコースティックセットのために伴奏をたくさん練習したんですが、これ全部のキーに対応できるようにするってなかなか至難の技でした。

一人で伴奏をしなければいけないというプレッシャーもあって、正直個人的には準備時間が圧倒的に足らないというか、そもそもの実力がプロのギタリストの基礎力に全く追いついてないなということを痛感させられる結果でしかなかったのですが・・

でもおそらく、弾き語りでは結構ギターを弾いて来た僕ですらそのくらいのハードルの高さを感じるのだから、初心者だったりするとなおさらで。

そういう精神的なハードルをえいやと超えて来れる人はよほどセッション慣れしている人でしょうね。あらためて楽器プレイヤーがなかなか来てくれない理由もわかりますw

もちろん、やれない曲で参加してもらわなくてもいいし、やれる曲でエントリーしてもらっても大丈夫ですので!!!

といっても、キー変わるの??不安、みたいなイメージが先行するのもあるのかもしれない。

そのあたりの対策もあらためて考えなければいけないなと。そもそも楽器プレイヤーというのは少ないですから、少しづつ、認知も広げていきたいところです。

昨日は初めて人前でドラムを叩くという方が来てくれましたが、やっぱり緊張したと思いますがちゃんと最後までやれていて素晴らしかった!そういう瞬間の人間ドラマを観れるのも素敵だと思うんですよね。

みんな暖かく見守りますし、やれる曲でエントリーできるので!ぜひ相談してくださいね。

一年間積み上げて来た分のいろいろなものが少しづつ実って来たことを実感できたイベントでした!!

次回は5/4下北沢Oでミスチル限定セッション!

みなさまお待ちしております。

2018-04-11T17:14:52

ライフスタイル

おすすめ記事

Sing for a Lifetime.
音楽を諦める理由なんてあるはずない。

最先端のメソッドを組み合わせた、楽しく続けられて結果を出せるボーカルレッスン。

弾き語りからDTMまで、わかりやすく実践的な作詞作曲レッスン&楽曲制作サポート。

人生を音楽と共に。夢の実現、活動方法、ライブ、営業など諸々を一緒に考え理想へと導くコーチング。