J-POP JAM vol.3が楽しすぎた件。

昨日J-POP JAMに参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!回を重ねてどんどん内容が濃くなっていく感じがしていて、ますます面白いところを目指したい!

セッションらしさと、きちんと聞かせる部分とのバランス。

今回は楽器プレイヤーが増えたので、ソロの部分の尺をその場で長くしたり、エンディングを独自のリフに変えたり、というセッションらしさも増した展開に。

楽器プレイヤーはソロが一つの見せ場になるので、その辺も見ている人が楽しんでくれたらと思います。

今回いろいろな楽器プレイヤーが参加してくれて思ったのは、J-POPって最低限コードを追えるスキルがあればいいなと。まあそれでも結構難しいんだけどw

一曲を完全にコピーしましたという人には、極力それにこちらも合わせるし、曲はよくわからないけど、ジャズみたいにコードだけは追えます、という人には割と自由に弾いてもらった方がいい。

最初は初心者のシンガーだと原曲っぽい伴奏じゃないと歌いにくいかな?と心配してたんですが、みんなコードがあっていれば、入り口だけサポートしてあげれば普通に歌えるということがわかったので、原曲とちょっと違うアレンジというのも楽しんでもらえたらと思います。

バンドをバックにするという普段と違う経験をして、シンガーとしてもより成長できる機会にしていただければ!

そして今回はプロのシンガーも参加してくれていたので、相当刺激になったんじゃないでしょうか?そんな一線で活躍しているスペシャルゲストも遊びに来るのがJ-POP JAM!見にくるだけでも損はさせません!

アフターセッションでは洋楽もなんでもあり。

前回から本編終了後はアフターセッションということでなんでもありになりましたが、今回はホストメンバーがやりたい放題やって楽しかったですねw

いつもはジャズやブラックミュージック系のセッションばかりやっているメンバーなので、その辺のレパートリーを中心にやってましたが、そういうセッションもいいなと思ってくれる人が増えたらと思います。

J-POP JAMのコアな部分は、あくまでライブ、セッション音楽、生バンドカルチャーをもっと身近にして、たくさんの人が音楽で幸せになる場を増やしたいということなので、別にみんなで共有できてさえいれば曲はなんでもいいんですよねw

ただ、とっかかりとしてJ-POPなら参加できる人が多い。ここを入り口にして、いろんな音楽にふれてみたいと思う人が増えたら嬉しいです。

3回目にしてだいぶ定着してきたのか、ホームページだけ見て遠方から見学に来てくれたり、初めて参加してくれた人も多くて本当に嬉しかったです!

みんなが本当に楽しそうにしているのを遠目から見ているだけで感慨深いものがあって。自分の意思で始めたことに少しづつ共感してもらえて、いろんな人が協力してくれて、この場ができて、そこから生まれた何かが、誰かの人生にとってプラスになればこの上ない喜びでございます。

最後になりましたが、ホストのメンバー、ボランティアで運営協力してくれているスタッフチーム、撮影チーム、アンダーディアラウンジのみなさん、本当にありがとうございました!引き続きよろしくお願いいたします。

また次回日程決まり次第告知いたしますのでお楽しみに!

2017-08-10T11:25:31

お知らせ