ISO Acousticsのスピーカースタンドを使ってみた。

今まで恥ずかしながら、スピーカーのセッティングなどさほどこだわりもなく、それなりに聞こえているつもりで生きてきたのですが、スピーカースタンドを使ってみたら世界が変わりました。

あまり環境が良くない場所こそ、スタンドで変わることもある?

僕もそうですが、あまり広くない部屋で壁沿いにスピーカーを設置せざるを得ない状況の人は多いはず。そうするとどうしても低音がブーミーになったり濁りがち。

僕も今まで引っ越しやら模様替えやらなんどもしてきたので、これと言った基準がないまま、最終的にはリリース作品はエンジニアさんがミックスするんだしいいだろ、くらいに思ってましたが・・

今回使ったのはこちら。

ISO Acoustics スピーカースタンド ISO-L8Rシリーズ – 株式会社エレクトリ

オーディオ系のものってめちゃめちゃ値段高いわりに効果がわかりにくいみたいなイメージありますがw

この製品もスタンドだけで1万・・最初はやっぱり高いなあと思いますよね。でも結構効果あります。

この動画を見ても低音が締まってるのわかりますね。

僕も早速設置していろんな音楽を聴いてますが、まるでスピーカーを変えたくらい新鮮。うるさく感じなくなったので音楽を聴くのも楽しいです。

意外だったのは、がっちり固定されているという感じではなく、スタンドだけの状態だと割とフラフラしていて、重さをかけると安定するような感じ。

最初大丈夫かな?と思ったくらいでしたがw足が全部ゴムなので設置も安定。

さらにいいのは、スピーカーを傾けて設置ができるので、PCと同じ高さのテーブルなどにおいても、自分の耳の高さを狙ったセッティングもできるのがいい。まだまだ試行錯誤中ですが・点

これでまた新しい音楽を作るとなるとワクワクしますね!

最近LIVEARTISTでは、生徒さんの作品を録音したり、完成系にするまでサポートしたりということが増えてきたので、その面でもさらなるクオリティアップを目指して環境を整えていきますよ!

ライブだけじゃなく、作品も作っていきたい、ネットにアップしていきたいという思いがあるアーティストさん、ぜひいろいろ相談しにきてください。

ボイストレーニングや作詞作曲のレッスンももちろん可能ですが、さらなるレベルアップを目指す提案もできると思いますよ。

2017-09-14T21:23:11

機材レビュー

おすすめ記事

Sing for a Lifetime.
音楽を諦める理由なんてあるはずない。

最先端のメソッドを組み合わせた、楽しく続けられて結果を出せるボーカルレッスン。

弾き語りからDTMまで、わかりやすく実践的な作詞作曲レッスン&楽曲制作サポート。

人生を音楽と共に。夢の実現、活動方法、ライブ、営業など諸々を一緒に考え理想へと導くコーチング。