楽しい方へ自分を追い込め。

DIYで家具なんかを作るのが趣味でして、いつもそれなりに設計図は書くんですが、細かいところはまあどうにかなるだろと思って作り始めることが多い僕ですw そんなだから途中でああ、もっと考えとくべきだった・・と失敗することも多々あるんですが、最後には結局なんとかなるんですよね。人生もそんなことってたくさんある気がします。

楽しくないことに追い込まれたら、悪い方向に行くのが当たり前。

ワクワクすること、楽しそうなことなら、見切り発車でもやってみたいー!ってなるはず。でも、真面目な人はそういう時に、現実の不安ばかり考えて行動を起こせない。

そういう人は、楽しいことより安全そうなことを選ぶ。それはそれでいいこともあるでしょう。でもそうやって選んだ道の先で追い込まれてしまったら・・悪い方向にしかいかないですよね。

何か行動を起こすということは、常に何らかのリスクが伴います。安全そうな道はあるかもしれないけど、現実の世界には、100パーセント安全な道なんて一つもないんです。

だからリスクは背負うのが当たり前。そういう意味では、常にリスクを背負っているんだ、という意識を持っている方が健全だと思います。

安全な道を選んだ人は勘違いして、ちょっと不都合があっただけで”こんなはずじゃなかった”と思いがち。そうなるとどんどん負のループです。

逆に、最初から簡単にうまくはいかないだろう、と思っている人は、多少の失敗にもめげません。何より達成できた時の喜びがすごいものになることは想定できているので、それも強いモチベーションになっているんですね。

続ければ続けるほど、自分にとっての重要度は増す。

物事を続けると、どんどんそのことに投資した時間や労力が積もって行って、簡単に撤退できなくなります。それもある意味追い込むことですよね。

これが全部借金だったりすると目も当てられない状況かもしれませんが、ただそのことのために費やした時間ならば、必ず何かの糧にはなっています。

それが別の何かで役に立つこともあるだろうし、それだけ何かに打ち込めるということが信頼につながるかもしれない。そして何かをやり続けた時にできた人脈というのも、どこかしらで一生大切になるつながりだったりするでしょう。

どうしても付き合いたくない人たちとの付き合いに追い込まれるとしたら、考えただけで地獄の日々ですが、一緒にいて楽しい、好きな人たちと付き合わなければいけない状況に追い込まれるとしたら願ったりかなったりですよね。

いきなり効率的な正解なんて無理。やりたいという意思が全て。

何かにチャレンジしようとすると、そんなやり方じゃダメとかもっといいやり方がとか、そんなことばかり考えて行動に起こせない人いますよね。

僕もそんな状況に陥って、ずっと考えてしまう時もあるんですが、結局何でもいいからとりあえず体を動かしてやってみたところからわかってくることってめちゃくちゃ多いし、とりあえず始めてみて、走りながら考えるっていうのが実は一番早くて効率のいい方法な気がします。

人生も、効率良いものよりワクワクして楽しいものの方が満足度高いはずですよね。ぜひ、やってみたいと思ったいろいろなことにチャレンジしてみてください!

2017-02-25T22:40:42

運をつかむ