アコースティックギターのカポって何がいい?G7THとGLIDERを試してみた。

最近カポをいろいろと買ってみたので、それぞれの特徴とかいろいろまとめてみました。

やっぱり定番はすごい。

G7TH ( ジーセブンス ) >G7th Performance 2 Capo Black|サウンドハウス

こちらのカポ、プロの間でも定番としてながらく使われている感じがしますが、今回初めて買ってみて納得。

これの前は同じメーカーのクリップ式のやつをつかってましたが、どうもそれが弱ってきたっぽくて買い換えたんですが

だいたいバネ式とかだと緩んできたりきつすぎたりするんですが挟む力加減を調節できるのがいいですね。チューニングがおかしなことになったり、テンションがきつすぎたりすることもないし、サイズが大きくて邪魔になることもない。

スマートでなんだかちょっとプロっぽい感じも気に入ってますw ただ、抑え加減はゆるすぎると普通にビビるので慣れが必要かも。

ちなみにサウンドハウスさんが一番安くて、町の楽器屋との落差に驚くことになるかも・・どういう価格設定なんだこれはw

そして番外編、一回試してみたかったこの転調に対応できるカポ。

GLIDER ( グライダー ) >THE ROLLING CAPO|サウンドハウス

これ、親指でくるっとスライドさせると転調できる優れもの。実際使えるのかなあ??とか思ってましたが、使いようによっては使えます!!

でもやっぱり曲の中で本当に自然に転調しようと思ったら練習プラス、何かアイデアが必要でしょうね。

僕は例えば、Mr.ChirldrenのHANABIのラストの半音転調をカポで乗り切りたい!!w とおもったので試してみたんですが、やっぱり転調前にブレイクを挟まないとなかなか難しいですね。

あと、こちらのカポはネック全体をぐるっと覆っているので、ちょっと抑えるフォームによっては手があたって邪魔になるし、テンションはちょっときつめです。

もちろん、厳密にチューニングを考えるならこういうのは使わない方がいいんですが、パフォーマンスとして取り入れるのはアリですよね。いろんなアイデアで何か新しいことができたらおもしろいなと思います。

2018-03-30T20:10:10

機材レビュー

おすすめ記事

Sing for a Lifetime.
音楽を諦める理由なんてあるはずない。

最先端のメソッドを組み合わせた、楽しく続けられて結果を出せるボーカルレッスン。

弾き語りからDTMまで、わかりやすく実践的な作詞作曲レッスン&楽曲制作サポート。

人生を音楽と共に。夢の実現、活動方法、ライブ、営業など諸々を一緒に考え理想へと導くコーチング。