Aki’s Guitar Shopでフレットの擦り合わせをしてもらった。

ギタリストほどにギターの調整にこだわりがあるわけでもなかったので、ギターのリペアという経験がほとんどないまま今まで来たのですが、今日初めてギターのフレットの擦り合わせをしてもらいました。

楽器は調整でここまで変わるのか!

Aki’s Guitar Shop

今回は先日一緒にライブしたLinさんの紹介でこちらのお店にお世話になりました。

同じギターをそこまで長く使い込んだことがなかったので、今までは正直、いろいろ買っては売り、という感じでメンテナンスする機会もなかったのですが、もっと早くこういう機会があれば価値観も変わっただろうなと思います。

もう普通に新しいギターを手にいれたような感動ですね。こうやって少しづつ自分の音になった楽器に手入れして長く育てていくのは新しい楽しみです。

このギターは僕が初めて、ギターの弾き語りライブをするためになけなしのバイト代をはたいて買ったもので、もう振り返れば10年くらい一緒に苦楽を共にしてきた相棒。

正直ギターとしてはそんなに高価なものではなく、マーチンの000というモデルの廉価版のようなタイプ。

それでも当時の自分にとっては、特別な出会いと思いのつまったギターだったんです。

サイドは合板、トップはマホガニーらしいですが、長いことそんなこともよくわからずw 少しひねくれものの僕は、ただ見た目がつや消しで、少し暗めの色なのがかっこいいなというような印象だけで買った気がしますw

でも見た目のインスピレーションって自分の好みを反映してるなと思います。

一般的なアコースティックギターの材料の組み合わせほどパーンと鳴る感じではないですが、温かみがある感じ。そのキャラクターも結果として自分に合っていた。

メジャーの楽曲プロデュースという意味ではそういうスタンダードなアコースティックギターの音色が必要だなあと思ったことも何度かあるんですが、結局数少ない自分がギターを弾いた機会にはこれでレコーディングしたものを使っています。

ある意味、僕の音楽性はこのギターと共に作られてきたので、一つの基準になってしまってるんですかね。

理想の音を探し続けても答えはないけど、今そこにあるものにはあなたにとって特別な意味があるはず。

一生かけて、この世にあるすべてのギターを弾いてみたとしても、理想の一本は見つからない気がします。判断基準が値段なのか、ブランドなのか、何なのかわかりませんが、結局大事なのは、それをどれだけ自分で特別なものと思えるかどうかということ。

つい価格で価値を図ってしまいがちですが、ほとんどの場合そんなに意味はないと思います。高級なギターも世の中にごまんとあるし、それが本当にあなたに適切なものなのかどうかはわからない。

そうやって高級な機材を買い続けては売り続ける人もいるでしょう。僕もそういう時期もありました。

でも結局大切なのは機材じゃない。YOUTUBEで全くクオリティの低い荒い動画でも感動的できて、爆発的に広まったりするものがあるということは、それを証明してると思います。

というわけで、僕にとってはこのギターは世界で一番のものかどうかはわからないけど、いちばん特別で、自分らしいもの。

そこにまた新しい命を吹き込んでもらって、また自分と一緒に成長していけたらいいなと思いました。

2017-04-07T00:12:21

アーティストの考え方

おすすめ記事

Sing for a Lifetime.
音楽を諦める理由なんてあるはずない。

最先端のメソッドを組み合わせた、楽しく続けられて結果を出せるボーカルレッスン。

弾き語りからDTMまで、わかりやすく実践的な作詞作曲レッスン&楽曲制作サポート。

人生を音楽と共に。夢の実現、活動方法、ライブ、営業など諸々を一緒に考え理想へと導くコーチング。