title image

キーボード2台で、胸を開いてみると。

image

Hiroshi Yoshida

2021-3-5

こちらのブログでも姿勢のことについて語っておりますが、やっぱり現代人にとってPC作業などするときの姿勢はかなり基本姿勢に影響を与えます。だからこんなセッティングを試しております。

アーユルチェアとキーボード二台使いで完璧!w

先日紹介したアーユルチェアで、だいぶ作業中の姿勢がよくなったので、気をよくした僕はまたいろいろやりたくなってしまいまして、キーボードも2台にしてみました。

え?キーボード2台?とお思いでしょう。なぜかというと、キーボードはどうしても幅が狭いので腕が内側に寄る、そして胸が閉じる方向にいってしまう。

それが肩こりの原因になるというようなことは前から言われていて、一日中パソコンを触っているエンジニアさんの世界では、左右に分かれていて広げられるような分割キーボードをつかうことで、体の負担を軽くしたりする方もいらっしゃいます。

しかし、こういうキーボード僕も使っていたことあるんですが、微妙に配置が換わってしまったり、結局DTMや動画編集するときに微妙にやりにくくなったりするので、普通のキーボード2台の方がよいんでは?と思いまして

実際にデュアルキーボードをおすすめされているエンジニアさんもいらっしゃったので、さっそく試してみて早1ヵ月くらい。

最初はやっぱりホームポジションにぱっと行くのが難しかったのですけども、なれると簡単で、何より姿勢が気持ちいい。ずっとこの姿勢でいたいと思うくらいw

僕はもともとDTMをやるときに左手キーボード、右手マウスのポジションから全く動かさなくていいように、左手にショートカットを集中させるという配置にしているので

そのポジションの時も胸が開いて歌も歌いやすいんですよ。

そしてそのポジションに合わせて、目線もなるべく低くならないようにモニターを配置してみています。目線は本を読むような高さの方がいいのかもというのもありますけども

何となく呼吸を考えると下を向き続けるのは気持ちよくない気もしているし、この真正面な感じが集中力を高めてくれるような気もしていますw

キーボード2台追加するのは大変というか、そこまでやるか?となると思いますけども、僕はこれのおかげでブログを書くという行為が何か体としても気持ちいい感じがして、とても気に入っておりますよ。姿勢に対する意識がすこぶる高い人はぜひw

#Equipment_reviews