アーティストがYOUTUBER的に商品宣伝してもいいじゃない。


個人でも、ネットメディアを駆使して名前を売るのが当たり前の時代。既存のアーティストだって、売れたら何かの商品のコマーシャルをやっていたりするんだから、やり方によっては逆に、商品の紹介動画で有名になるとかもアリな時代なのでは??

普通の人が興味を持ちそうなものをテーマに、検索流入を狙う。

だいぶ以前からYOUTUBERなどでは当たり前の手法ですが、新商品のレビューやら、比較動画などを作って有名になる、そこからアーティストとしての活動の集客につなげる、そんなやり方も、やり方次第では可能なんじゃないかなと思います。

もちろんアーティストのイメージにあう商品などセレクトして、映像の世界観は作っていかないと、みんながみんなジャパネットタカタ的世界観で商品紹介してしまったら、シリアスな曲なんて聞いてもらえそうにありませんけどねw

その辺の試みはまだまだ、追求の余地がある気がしています。例えば、音楽好きな人が興味を持ちそうなオーディオとか楽器のレビューだったり、お洒落なカフェが好きならひたすら行ってみてお洒落な動画にするとか。

メディアも、YOUTUBEが向いている人、インスタが向いている人、ツイッターが向いている人など、客層によってセレクトして、力を注ぐポイントを考えていくのも面白い。

あくまで、自分のアーティストとしての魅力を知ってもらうための入り口として、イメージを壊さない程度にやるというのも、いいと思います。

ちょっとした検索流入も積もれば山となる。

これ、ブログやってて本当に思うことですが、ちょっとづつの積み重ねがやがて大きな山になります。本当に続けてみてください。それと同じように、自分のライブやネット動画や情報発信が、少しづつだれかに届いて広がっていく、そんな実感をいつか必ず持てる日がきます。

もうあれは誰かがやってるし・・こういうのはもう遅いかな??・・とか思って何も始められない人いますね。でも誰かの真似でも、ちゃんと続けていけばそれなりにアクセスは稼げます。スタートは誰かと同じでもいい。いずれにしても、続けていくうちに自分のスタイルは出てくるし、ほとんどの人が続けられないから脱落していくだけですから。

毎日何かを発信するということを意識的に続けていくだけで、日々のいろいろな情報に対するアンテナも尖ってくるし、考えるのが深くなります。ビジネス面でも、これをなにかお金に変えられないかな??とか、いろんな視点から物事を観れるようにもなってくる。

これからの時代のアーティストは、どんな風に作品をお客さんに届けるかというところまで自分でコントロールしていくのが主流になると僕は思っていますが、そういう意味でも、若いうちからネットを利用して自分をプロモーションしていくこと、そしてマネタイズしていくことをぜひ意識してみてください。

やっぱり自分は音楽だけやりたい、てのももちろんアリ。

とはいえ、若いうちはそんなことに興味を持てないですよね。僕もそうでしたw もちろん、あなたが作った作品やパフォーマンスが素晴らしすぎて、勝手に一人歩きして広まっていくのが理想です。

でも、こちらでも書いたように、

いい音楽なら勝手に売れるって本当??

音楽の力だけで売れる、というのは理想的ですが相当なことです。だから、どうやって人が何かに興味を持つか、どんなものなら興味を持つかというようなことも、若いうちに知っておくと、絶対にどこかで役に立つし、いろいろやっていく過程で生まれる売り方のアイデアも変わってくるでしょう。

本当に、ネットのプロモーションはまだまだ可能性が無限にあると思います。新しい時代の売れ方を一緒に模索していきましょう!!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。