弾き語りカバー動画をつくってみた。


最近弾き語り動画をいろいろと撮ってみているのですが、いろんなSNSでの特性とかあるみたいで、勉強になったのでまとめてみたいと思います。

YOUTUBEは検索用、友達にシェアしたいならインスタ、フェイスブックなど、それぞれにアップを分けたほうがいいかも。

 

いろいろ動画あげてみたんですが、僕の場合YOUTUBEをフェイスブックにシェアしたりすると、あんまりみられないでスルーされることが多いっぽい。

ああ、自分はどれだけ注目されてないんだ・・とか思ったりもするんですがw 同じような内容の動画をFacebookで直接アップすると結構みられて、いいねもたくさんもらえることが判明。

インスタもその傾向が強かったです。やっぱり今はSNSがフェイスブックからインスタに移行しつつあるのもあるだろうし、動画がすぐに再生された状態で流れて来るのはでかい。

よほど興味を引きそうなサムネイルだったり、誘導をしないとYOUTUBEのリンクは飛んでくれないような気がしてます。

でも、じゃあYOUTUBEがダメかっていうとそんなことは全くなくて、YOUTUBEは動画を検索するという強力なメディアになってますよね。

そういう意味でカバー動画をあげ続けるなら検索流入が見込めるYOUTUBEはまだまだ可能性があると思います。

ツイッターやらなんやら、いろいろ情報が散らばってしまって大変だなあと思いますが・・

いろんなメディアに合わせてそれぞれSNSも使い分けていくのがベストなんでしょうね。

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。