副業で作詞作曲?働きながらでも活躍する音楽クリエイターへの道。


世の中で残業禁止の流れが加速する昨今、副業OKにしたりする会社も増えているようですね。仕事は手堅く生活費を稼ぎつつ、趣味の延長上で音楽をやりながら、うまくいけばお金を稼ぐレベルまでいくことも不可能じゃないし、実際そういう人いますよ!

昼は手堅い大企業で働き、作曲家としてもアニメ、アイドルなどに楽曲提供するおそるべき友人某氏。

昨今のコンペ全盛の音楽界で、メジャーアーティストに楽曲提供などするクリエイターは、不安定な生活を余儀なくされますが、なかなか楽曲が採用にならず、何が正しいのかわからなくなってしまって負のスパイラル・・というパターンも多いんです。

でも、働いているクリエイターさんは、とりあえず生活はできるのでゆとりを持って活動できます。

さらにその友人が賢いのは、アレンジまでやろうとするとどうしても時間がかかったり納期があったりで働きながらでは難しい。

だからアレンジはプロに完全に任せて、自分ではメロディだけしかつくらない。ちょっと浮かんだメロディをプロに少しお金を払って形にしてもらい、コンペに提出する。そんなやり方をしているんです。

働いているからこそ、多少コストをかけてでも楽曲制作を続けられるし、切羽詰ることもない。とってもいい副業でしょ?w

もちろん、楽曲が採用されるというのはかなりの倍率の狭き門。まず、作家の事務所に所属しないとコンペの情報などもらえませんので、事務所のデモ審査に受かるところからやっていかないとダメですが。

とっても夢のある副業だし、ずっと音楽をやりたかった、やっていたけど続ける機会がなくなった、という人にはいいのではないでしょうか?

働きながら趣味でライフワークの楽曲を完成させ、YOUTUBEにアップし続ける女性某氏。

学生時代からシンガーソングライター活動をしていたけど、就職とともにどんどん音楽からはなれていってしまった某氏。そんな中でも、自分の楽曲をなんとか残していきたいという思いでレッスンに通いながら楽曲を形にしている女性もいらっしゃいます。

レッスンに通う、ということをきっかけにして何かを半ば強制的に続ける環境に追い込む。そうして定期的に音楽活動のことを思い出すことで、リフレッシュにもなるそうです。

ちょっとしたライブの機会があったりしたときに、いつでも出演できるように備えておく。ライブって緊張感もありますが、達成感もあるし、出会いもあるし、とてもいい趣味になりますよ。

たった一つの仕事で生き残るのはリスク。マルチで生き残る。

僕自身、シンガーとしてのコーラスサポート、楽曲提供、レッスンのお仕事など、どこかに偏ることなく仕事をしていることがリスクの分散になるし、また新しいアイデアにつながったりすることも多いです。

何か得意なことに特化して一点突破する、というのも最初は大切かもしれません。もちろんそれだけで一生生き続けられたらそれに越したことはないのですが、

この激動の時代に、何があってもサバイブし続けられるマルチな適応能力を身につけるという意味でも、全く異ジャンルの仕事、副業を少しづつ育てていくのも面白いですよね。

時代の波が確実にそっちの方向に行っているので、ぜひみなさんもできる範囲でいろいろなジャンルに挑戦してみてください。

LIVEARTISTのレッスンでは、作詞作曲家になるための基礎レッスンから、データのやり取りに必須のDTM入門など、一通りの方法をアドバイスできます!ぜひお問い合わせください。

この記事を書いた人

LIVEARTIST
LIVEARTIST

東京渋谷のスタジオにて体験レッスン ¥2000-スタジオ代込み。

メジャーへの楽曲提供、サポートなどする現役プロがあなたに合わせてレッスンします!何でもご相談ください。

レッスン詳細


体験レッスンのご要望、ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※アドレスはお間違いのないようにお願いいたします。

電話番号(必須)

体験レッスンご希望の日程、簡単な音楽歴、やってみたいこと、将来の夢などありましたら、ぜひお伝えください。

メッセージ本文


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です