今年こそ、働きながらでも本気で音楽やろう。

昨年もたくさんの方にレッスンさせていただいたのですが、来ていただける中で一番多いのは働きながらでも音楽をやりたいという思いを持った方たちです。

副業あたりまえの時代に仕事を一つに絞る理由はない。

こちらの記事にとても共感できることがたくさんあったのでシェア。

僕自身がもともとサラリーマンをしながら音楽をやっていたので、そういう記事をたくさん書いていたおかげでそこに共感して来ていただける方が多かったです。

ワークライフバランス重視、残業禁止、副業OKの時代の流れから、あきらめていた音楽をもう一回本気でやってみたいというニーズは確実に増えていて、でも何からやったらいいかわからない。

そんな人たちにとってちょうどいい窓口になれていたらいいなと思います。

僕自身がレッスンを通してやりたいことは、事務所などに所属せず(できず?)個人でずっと活動していく上でどんなサポートがあればもっと活動の幅を広げることができるんだろう?と考え

こんなサービスが世の中にあったらいいのに、と思い続けて来たことを形にしていくこと。

まだまだ発展途上ではありますが、確実に形が見えて来ている気はしています。あんなことやこんなことはできますか?というお問い合わせもぜひお気軽に。

アートに関わり続ける感性はきっと仕事にも活きる。

自分の好みのスタイルというのは個々人でどうしても出てきてしまうものですが、本質的な部分というのはどんな仕事でも共通していたりするものです。

すごくあたりまえだけど、全力で一生懸命取り組んでいる人には心を打たれるし、人の心を動かす力がある。

時代と自分との距離を測り、それを言葉やメロディに変換していく、そんな仕事はどんなジャンルでも同じこと。

音楽でしか味わえない、今、ここでたくさんの人と同じ瞬間を共有しているという感動、そういうものはきっと新たな人生の一歩を踏み出す原動力になると思いますよ!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら