一人じゃできないことも、二人ならできる。


個人でいろいろなことができるようになった時代とはいえ、いろいろな人に協力してもらって形にするものというのはそれだけで説得力があったりするもの。時にはふとした出会いから、勢いで一緒に何かやってみることが大きな結果に繋がるかも?

J-POP JAMで出会った二人の絶妙なマッチング。

というわけで、毎度おなじみ虫明くんと、よくセッションで出会っているギターの小坂くんに参加してもらって映像をとってみました。

二人がセッションで仲よさそうにしてるのを見て、なんとなく二人のキャラがハマっているなと感じてたので、一緒に何かやったら?と提案してみたことが始まり。

初コラボですが、いい感じに絵になってますねー!可愛くて女子に受けそうな感じ?w

これから二人のオリジナルを作ったり、ライブをしたりということもしていきたいということなので今後の展開が楽しみです。

そんなわけで、僕もことあるごとに誰か自分の人生を切り開いてくれるような人との出会いがあってここまでこれました。

やっぱり自分の力だけでは本当にどうにもならない。誰かが自分の力を必要としてくれて、自分も誰かを必要としている。不思議なもので、やり続けてさえいれば、どこかでちょうどいいバランスの相手に出会うもんです。

そんな時、お互いをリスペクトしあって、対等な関係で信頼し合うのが大切ですね。若いうちは特にいろいろな衝突がうまれがちですが、あとから考えたらそれもいい経験だったなと笑える日がきます。

一人じゃないから、責任が生まれ、良いプレッシャーが生まれ、確実な成果が求められる。

やっぱり人間は弱いので、自分一人のプロジェクトだと途中で簡単に諦めたりしがちです。でも、誰かとやろうとなったら途中で簡単にやめるわけにいかない。だからいいんです。

特に初期段階では何をやったらどのくらい成功しそうか?なんてことも全くわからない手探り状態。そんな状況でも逃げずにやれて、知恵を絞りあえる環境があるのはすごくプラスになることです。

僕も若いうちはなんでも自分でやりたがる癖が災いして、独りよがりだった部分も多々あったと思います。アーティストには作品に対してわがままで、絶対に自分の意見を通す信念みたいなものも必要だと思いますが

違った方面から意見を言ってもらえる存在というのは特に商業的な面ではとても大切だったりするので、自分の目指す方向を誤らないように、相棒を見つけるのもいいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。