なぜ芸能事務所とタレントのトラブルが起こりやすいのか?

オフィス北野の問題がいろいろと話題になっているようですが、真相はわからないけれども、昨今芸能事務所とタレントのトラブルなどがよく話題になっている気がします。昔からよくありそうな話ではあるのですが、なぜこういったトラブルが絶えないのでしょうか?

ビジネスとしての不透明さが、いろんなすれ違いを生む。

僕もメーカーの営業などしていましたので、多少なりとも世の中のお金の動き、その仕組みなどを推し量る能力はあると思うのですが、

特に芸能、アートの世界ってわからない人にはどういう仕組みでお金が動いてるかわかりにくいですよね。

特にメディア、広告などが絡むと余計にその傾向が高い気がしていて、収入が単純にCDやグッズ、ライブの売り上げだけならある程度普通の商売と同じように推測できそうなものですが

テレビの出演料とか、印税とか、権利とか、そういうのが絡んでくるとよくわからない。相場も何もあってないようなものですから。

知名度が上がってプレミアがつけば、そのタレントの何かの出演料も跳ね上がるわけで、そういう部分でいろんなとこがどんぶり勘定みたいになって知らない間にいろんな人が何かを抜き取っているみたいな話はよくありそうなもんです。

タレントは売れたことを自分の実力と勘違いするし、マネジメントはマネジメントの力だと勘違いする、みたいなすれ違いもよくあります。

お金の面で言えば、タレントはお金や自分の権利などを管理するのが得意でない場合が多く、全面的に管理をマネジメントに任せている間に何かが操作されているみたいなパターンも多いでしょう。

お互いに納得した上で協力しあえたら一番いいのでしょうが、何か不満が解消されなくなったときに揉め事に発展することも多い。それは上場企業のように、会計が全部透明になっている企業が少ないせいもあるかもしれませんね。

芸能の世界はだいたい怪しい??

そんなことで、だいたい芸能の世界のお金の回り方は怪しまれる感じになりがち。実際怪しいこともたくさんあると思うしw 弱いものが搾取される(これはどこの世界でも同じか)傾向もある。

そういう現実を変えるような新しい仕組みができないかなあとずっと思って来たのですが、それを具体的にすべく水面下で動いております。

これによって、新しいアーティスト同士のコラボレーションが生まれたり、もっと簡単に誰かと協力してプロジェクトを成功に導いたりすることができたらと思ってます。

まだまだやりたいことはたくさんあるんですが、小さなところから一歩づつ。みんながより自分のやりたいことを実現しやすい社会を目指して!!

さて、いよいよ明後日のJ-POP JAM、もう相当数のボーカルさんに予約いただいていて、当日単独で歌ってもらうのは厳しいかもしれませんが、楽器プレイヤーは大歓迎w お待ちしております!

http://liveartist.info/jpopjam/

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら