走り続けるアーティスト達に学ぶ、また走り始める方法。


以前全国全都道府県をギター弾き語りで回った時、いろんなライブハウスで名前を見かけたのが竹原ピストルさん。当時すでに有名だったのに、相当精力的に小さなライブハウスでもライブをされていたのが印象に残っています。歌う人なら誰でも、そのまっすぐな歌と歌詞からいろいろ刺激を受けることでしょう。

必要なのは走り続けることじゃない、走り始め続けることだ。

それなりに生きてくると、この曲の歌詞はとても刺さります。何度でも立ち止まっていい。でもまた始めればいい。このメッセージは、このブログでも、レッスンでもずっと言い続けていきたいことです。

積み上げたもので勝負しても勝ててねえよ

積み上げてきたものと勝負しなきゃ勝てねえよ

 

このフレーズも刺さります。少し経験を積むと何かやれるような気がしてしまうけど、結局毎回何か新しいチャレンジで、毎回同じように試行錯誤してやっと形にしている。

竹原さんのこの映像も、何百何千とステージに立ってるだろうに、初めてのところで緊張するという、このまっすぐな人がら、謙虚さ。

でも本当にライブって慣れない要素があると何回やっても緊張するんですよね。初めての場所とか、初めての曲とか。変に慣れてしまうよりは、毎回ルーキーのつもりで、全力で用意して向かっていく。そんな気持ちはいつまでも忘れてはいけないなと思いました。

あと、最近感動したやつで、THA BLUE HERBのこれも貼っときます。

アンダーグラウンドで尖った言葉を放ち続けてきたBOSSさんだからこそ、こういうのがまた刺さるなあと。これは個人的な思い入れが入っているかもしれませんが。

何度も何度も諦めて、辛かったらやめてしまってもいい。でもまたやれる。何度でも立ち上がれる。そこからまたやり始めたらいい。

そんな力強いメッセージをくれる先輩たちに、今日も背中を押されつつ、また始めましょう!!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です