Maroon5のSunday morningでセッションしよう!


Maroon5の代表曲、Sunday morning、この曲コード進行が延々同じでもいけるので、セッションなんかにももってこい。ボーカリストならぜひ歌も覚えてみましょう。

定番の2−5進行の繰り返し。いろいろコードに色付けしてみて!

本当にセッションしながら作ったんじゃないかな??というような曲。延々キーCの2−5−1つまり

Dm(9)-G7-CM7(9)

というような感じの進行を繰り返して途中でキメのフレーズが入るという感じ。楽器でセッション行くならキメのメロディーも覚えてみて。

歌だけで展開ができているので、ボーカルの引っ張る力も大事ですね。しかし、このGの音がずっと続くのは、人によっては結構高いキーだと思うので、ミックスボイスができない人はおそらくそのままでは厳しいかと思います。

そんな場合でも、コードが簡単なので、セッションでキーを例えば1度下げ、B♭にしてみたり、そんな対応も他のプレイヤーがしてくれるのでは?と思います。

歌い方のポイント!

なんといっても、こういうセッション系の音楽はリズムが命。ハネた感じのグルーヴをうまくコントロールして、全体をリードしましょう。

日本のシンガーと海外のシンガーで意識とかレベルが全然違うなと思うのはやっぱりリズムです。日本人で英語の曲を歌う人は音程やら発音、フェイクなんかにはやたらこだわる人が多いですがリズムが悪いと全体がよく聞こえませんよ。

特にシンプルなバックの演奏のものはなおさら。JPOPだとそれでも成り立つのでいいですが、やっぱりこういう曲はカッコよく踊れるようなグルーヴを出したいところ。

日本人はジャストで合わそうとする人が多いですが、必ずしもジャストでいることばかりがグルーヴを生むわけではありません。ちょっとジャストのタイミングより後ろだったり、その辺の揺れが心地いいんですね。

ぜひ、そんなところに注意してみんなとのセッションを楽しんでみてくださいね!

LIVEARTISTのレッスンでは、かっこいい洋楽の歌い方なんかもレクチャーしますよ!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。