新曲”しんぞうがわらう”のMV公開しました。

数年ぶりにソロ活動用の新曲を作りまして、MVまで作成いたしました!自分の好きな音楽、影響を受けて来たルーツを振り返ったりしつつ、今の自分にできることを素直に盛り込んだ作品に仕上がったと思います。ぜひ聴いてみてください。

テーマは生きるということのどうしようもなさ。

人はいろいろな苦しみや矛盾を抱えて、生きる意味に迷ったりするけど、結局体は素直に生きよう、生きようとしている。

そんなことを表現した曲。とある映画がインスピレーションの源になりました。

自身のオリジナル楽曲は数年ぶりに作ったんですが、一つは島フェスにまた出演させてもらうことになって、何か新しい曲が欲しいと思ったことがきっかけ。

そして数年間サポートや楽曲提供に専念していたのだけど、こうしてレッスンなどをさせてもらうようになって、改めて自分のルーツや、やりたかったことを振り返ることが増えて。

そしてプロとして誰かの求めるものを作るということをずっとやっていても、結局自分は本当に何をいいと思っているのか?そういうことが最後には問われるんだなということを痛感することも増えた。

20代前半から影響を受けいていたクラブミュージックや、バンドでやろうとしていた楽曲を改めて聞いて見たり、そんなことを繰り返して行くうちに、自然に今の自分にできることと、ルーツ的なことが混じり合った自分らしい楽曲が仕上がった気がします。

アーティストでいうと、Marvin Gaye,Stevie Wonderとかのクラシックなソウル、MAXWELL,SADEあたりのネオソウルみたいなのが結局好きで、しっくりくるのかなあと再確認。

アレンジ的にはTR808のシンプルで無機質なビート、サイン波が歪んだだけのベースにガットギターっていうごくシンプルなアレンジに少し現代的なシンセ音でアクセント入れてるような感じ。

ポップス的に考えると地味なんだけど、もともとミニマルミュージクが好きだったりしたので、その余白の多い感じが好き。

作曲の面ではサビ前のコード進行が新鮮で、あそこがキーになって生まれた曲と言ってもいいと思います。これもYOUTUBEでネオソウル系のコード進行を探ってた時に見つけたアイデアを元に発展させたもの。いい時代になったなあ。

こういう楽曲をJ-POPとしても通用するように作るという先駆者はたくさんいて、ORIGINAL LOVEさんや久保田利伸さんとか僕も影響を受けたアーティストをたくさんいるんだけど、また僕なりの、現代なりの感覚も入れていけたらいいなあと思っております。

というわけで、後日、またMV制作秘話などもブログに書いていきますね!




プロになんでも相談できる
レッスン&プロデュース

ボイトレ、作詞作曲、音源、映像制作、ライブサポートなど、音楽活動全般について相談できる、出し惜しみなしの体験レッスンは¥2000~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約