歌う時、口は開いた方がいいの??


先日動画を見ていたら、歌う時口を開きなさい、と指導されるのはクラシック系のボイトレにありがちな指導で、ポップスはそんなことはない、という解説をしている先生がいて、どうかなあと思ったので僕の思うところを再確認してみました。

ほんとは喉を開きたいけど最初はなかなか難しいから口を開いてみたらヒントになるよ。

僕もどっちかというと、昔から口を開くのがカッコ悪いとおもっていたので、口を開かずに滑舌も悪く歌っているタイプだったかもしれません。

ポップスの世界ではいろんなスタイルの歌手がいますし、そもそも発声と商業的な成功には何の関係もないので、究極どちらでもいいと思いますが

口を開くことによる言葉の明瞭さ、音色の明瞭さ、一生懸命歌っている感じが伝わること、喉が開きやすくなることによって高音域にも移行しやすくなること、など

プラスのメリットは多いと思います。それを差し置いても、あまり口を開かず楽に歌っている感じで、それを補うように鼻に抜くように響かせるようなスタイルを目ざすならそれもありだと思うし。ただやっぱり高音域ではきついかも。

それぞれの目指すスタイルにあわせて、使い分けができたら理想ですね。

特に喉を開くことのメリットはこちらにまとめていて、改めて読み返したら我ながらよくまとまっていてw自分も再確認になったので興味があったら読んで見てください。

歌う時、喉を開くイメージをもっと明確にするヒント。

どこかの記事に書いたかもしれませんが、僕は初めてプロの現場に入った時、どうしても自分のキャパを超える(と当時は思い込んでいた)高音域を地声(と当時は思っていた)で出さなければいけないところがあり、先輩に相談したら

そんなの口をガっと開いてガッと出せばでるよ!

と長嶋茂雄的アドバイスをされ、実際やってみたら出たんですw

ボイトレやってても、喉をひらけ!と言われても最初はわからない人が多い。だから口を開く方が手っ取り早いからそうしている場合もあります。

ミスチルの桜井さんとか見ていても、表情、口の動きかたはすごいですよね。あれを見て、ポップスは口開かなくても大丈夫、なんてのはどうかと思いますが・・

というわけで、僕もどちらかというとポップなアイドルや役者など目指す系の子は開く方向、アーティスト系、シンガーソングライター、弾き語りなどで独特の渋さやかっこよさを目指したい子は自分の好きに歌いつつ、でも高音だしたいなら開いた方が絶対出やすいよということは伝えます。

そんな意味で、より普遍的に万人に受けそうなのはどっちかというと喉も口も開く方のような気はしているのですが、まあ正解のない世界ですので。最終的には自分が一番しっくり来て気持ちいいポイントを追求してみたらいいのではないでしょうか??

あ、口の開きかたについてもいろんな考え方あるのでまた改めて語りますね!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

新曲MV公開中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です