ボイトレをシンプルに考えたら、これだけで大丈夫。


ボイストレーニング、声楽、歌のレッスン・・・
巷ではいろいろなスクールやノウハウ、指導スタイルがあって、結局何がどうなの?と悩む人も多いはず。

ボイストレーニング、という看板で入ってみたけど、自分の歌いたいポップスのスタイルと違うクラシックの声楽上がりの先生だったりすると、なんだかちょっと違うな?でもとりあえずこれが正解なのかな?と思いながら習っているうちにやっぱり違和感を感じてしまう人が多いのも事実。

そうならないためにも、多くの人が目指しているポップスのスタイルに必要なボイストレーニングの要素をシンプルにまとめてみたいと思います。

①喉に負担をかけないようにするトレーニング。

多くの人が抱える問題として、サビなどで使うハリのある高音域を続けて歌えないというのがあると思いますが、それもミックスボイスの習得で改善できます。
日本語の発声は喉で音をつくるものが多いので、喉声になりがちで、それをそのまま高い音域に行こうとすると喉が上がってしまう、ハイラリンクスの状態になりがち。だから日本のシンガーはその問題を抱える人が多いんです。

喉が痛い、喉の周りの筋肉の締め付けが苦しい、そういう状態では歌を楽しく長く続けていけません。すべての基礎になる部分として、楽に、ストレスを感じずに歌うということが大事なのです。

②息を上手に使うトレーニング。

これも日本語の発声に起因している部分があるのかもしれませんが、日本人は歌うとき、いわゆる腹式呼吸ができていない人が多いです。

僕は個人的には、ポップスでは声楽的な腹式呼吸ということをことさらに意識する必要はないと思うのですが、横隔膜を使って息を支える、コントロールするという感覚は、ビブラートなどをマスターする上でもあったほうがいいスキルだと思っています。

息は歌にとってのガソリンみたいなもの。声の源になるものなので、うまく調節できるようにすることであなたの表現力は飛躍的にアップしますよ。

以上、かなり大雑把に2つの大きなポイントを挙げてみたのですが、これだけ意識できていれば歌に関する問題はだいたいクリアできます。

過去に書いたいろいろな記事も参考にしてみてくださいね。

喉が上がって苦しい…多くの人が悩むハイラリンクスを治す方法。 http://liveartist.info/highlarynx/

バンドのボーカルにこそボイトレを勧める理由。 http://liveartist.info/band-vocal/

リップロールって効果あんのかい?というあなたに http://liveartist.info/riproll1/

ボイトレの基礎。腹式呼吸??横隔膜呼吸法をマスターする方法 http://liveartist.info/howtobreath/

喉を開くってどういうこと??高音を楽に歌う基本。 http://liveartist.info/sing-throat/

それぞれの練習方法などもまたまとめていきますね。

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

新曲MV公開中。

「ボイトレをシンプルに考えたら、これだけで大丈夫。」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。