下北沢RPMのジャムセッションに行ってみた。

自分の音楽的ルーツとして欠かせないのが、都内各所で行われているジャムセッション。このブログでも何度か紹介しているのですが、最近行かなくなったなーなんて思ってたので、行ってみることにしました。

下北沢でプロのミュージシャンが年中セッションをしているRPMが面白い。

music bar rpm | 下北沢で音とお酒を楽しめるミュージックバー

以前から何度か行ってる下北沢 RPM。以前は違う名前だったんですが、内装も変わってまた面白いセッションも増えましたね。

僕のお世話になっている大好きなギタリスト、田中”TAK”拓也さんがホストのセッションへ。お客さんは15人くらいいたでしょうか?

この日はメキシコシティからクラウザーさんというゲストのシンガーが来ていて、めちゃめちゃかっこいいギターとオリジナルソングをプレイしてくれた後にセッション開始。

ボーカルが僕だけだったのでw、最近の僕の定番曲
MAROON5/Sunday Morning
Bruno Mars/Treasure
Feel Like Making Love

とか歌ってセッションに参加しました。これらの曲はバンドが単調なコードの繰り返しなので、わからない人でもコードを伝えればできたりします。そういう曲のレパートリーがたくさんあると、いろんな場面で役に立ちますよ。

セッションは流れでいろんな方向に行ったりするのが面白いので、誰かにソロを振ったりして、楽器もみんなで楽しむというのがいいですよね。

セッションってどんな感じなんだろう?行ってみたいけど雰囲気もわからないし怖いなあという人も多いはず。僕もそうだったし、実際マニアックで内輪なセッションもあります(笑)

でも、POPの仕事もやっているようなホストの人たちだと、譜面を持って行ったりすれば結構わがまま聞いてくれると思うので、一回遊びに行って、見てみて、馴染めそうだったら次また行ってみるというのもいいと思います。

それぞれのイベントで色も全然違いますからね。ぜひ積極的にいろいろ行ってみることをおすすめします。出会いの量が半端ないので、確実に世界が広がります。

ジャムセッションは気軽にプロのミュージシャンと繋がれるので、ミュージシャンとして裏方の仕事をしてみたいというような人には本当におすすめ。いろんなステージで自分の顔を売る意味もありますが、場数を踏む経験にもなるので、若手で何もやることがなくて家で一人ゲームしてるくらいなら迷わずセッションに行きまくりましょうw

僕の場合、現場力はほぼセッションで磨かれたと言っても過言ではありません。度胸もつきますよ!!




プロになんでも相談できる
レッスン&プロデュース

ボイトレ、作詞作曲、音源、映像制作、ライブサポートなど、音楽活動全般について相談できる、出し惜しみなしの体験レッスンは¥2000~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約