楽譜読み取りソフトのおすすめは?


最近楽譜をスキャンして読み取るソフトをいろいろとためしてみたので、何か同じように探している人に参考になれば。

読み取り精度、使いやすさはダントツでKAWAIスコアメーカー。

譜面読み取り機能が付属している譜面作成ソフトの代表的なものは、Finale,Sibelius,スコアメーカーなんですが
有料&無料楽譜作成ソフト比較2016 – Sibelius, 楽譜作成ソフト – リガラボ

日本製ということもあってか、ダントツでKAWAIスコアメーカーが使いやすくて、初心者にもオススメです。

スキャナーでスキャンして読み取るのは正直、どこのメーカーのものもそれなりにエラーが発生します。それをちょいちょい直していく上では、Sibeliusのスキャンした画像と読み取った画像が並んで表示されるのは便利かもしれないなと思います。

ただ、僕は日本のJPOPのバンドスコアを読み取ってみたので、読み込んだ楽譜の内容にもよるのかもしれませんが、その精度についてはスコアメーカーがよかったです。

日本のソフトなので、そういう使い方を想定しているのかもしれませんね。

そして操作性の面でも、かなり歴史を経てブラッシュアップされてきたようで、初心者でもわかりやすい操作が可能だと思います。

最大の弱点”Windowsでしか使えない・・”

本当に購入寸前まで考えたのですが、土壇場で一番のネックになったのはWindwosでしか使えないこと。

Macのbootcampで使ってみたり、Parallels Desktopで立ち上げてみたりしたのですが、やっぱり他のソフトとの連携、windowsの操作を理解しなければならない点、スキャナのドライバーがどうのとか色々問題が出そうな点とか・・色々考えると、そのためだけにwindowsをつかうのがおっくうだったのでw

結局僕はsibeliusにしました。サブスクリプションでも利用できて、気軽に始めやすいですね。

さらにプロのユーザーでもだいたいfinaleかsibeliusなので、他のミュージシャンとの連携もしやすそう。リードシート的な譜面しか書かないという人は、Clover cord systemsを使っている人もちらほらいますが、確かにリードシートをプリントして使うという用途だけに絞るならいいのですが、音を出したりする機能が欲しかったので一応購入はしたものの断念。

finaleは業界標準的なところもあって、いろいろなことができるようですが、少し操作が難しい?僕もちょっと触っただけなのでなんともいえないですが、sibeliusの方がアイコンなど直感的に触りやすいイメージがあったので好感が持てましたね。

windowsユーザーならスコアメーカーもオススメ。さらにipadのアプリに期待。

というわけで総じてこの3つで比較するなら、日本人でwindowsユーザーならスコアメーカーはかなりとっつきやすいかも?でもMacユーザーならfinale,sibeliusの好きな方でって感じですかね。

DAWも使って色々連携したりするならsibeliusはPROTOOLSのAVIDがやっているので、いろいろできそうだし期待もできそう。

僕はSTUDIO ONEユーザーなので、NOTIONにも期待しているんですが、現状ではまだまだこれらの歴史あるスコア作成ソフトに追いつかない感じでしょうか?

iPad(持ってないけど)での譜面作成がもっと一般的になって使えそうだなって感じになったらまたいろいろ試してみたいなと思います!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。


体験レッスンを予約


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です