プロ、アマなんて意味を持たなくなる時代。


プロ志向だとか趣味志向だとか、音楽産業を取り巻く環境が激変している今、ほとんど意味をもたなくなっていくだろうと思います。

ワークライフバランスを重視する価値観と、音楽産業の縮小があいまって、ライフワークとしての音楽をより充実させたい層が格段に増えるのでは?

昨今のレコード産業の縮小によって、音源制作による収益がどこも縮小。さらにテクノロジーの進歩によって制作コスト、流通コストは下がる一方。プロ、アマチュアの制作環境の差はかなり縮まりつつあります。

一方ではプロ、セミプロとして活動していたハイレベルな経験スキルを持ったアーティスト、クリエイターが副業をしながら生き残る道を模索したり、

一方では残業禁止などで働きながらでもプロレベルの活動をし続けやすい環境が整いつつある。

一部のトッププロはもちろん残っていくと思いますが、働きながらやり続けてネット発でなんらかのメガヒットを飛ばすアーティスト、プロデューサーが現れたりしてもおかしくない。

そう言う意味で、プロ志向、趣味とかもはやナンセンスだなあといろんな人と接していて思います。

なんらかの方法で音楽を作り続けて、発信し続けていけばいいじゃないですか。おそらく楽曲が素晴らしければ、メジャーアーティストと同じようにメガヒットさせられるチャンスは一生ありつづけるんですから。

仕事がしんどくて音楽をやめようか悩んでいる??

というような話はよくあるのですが、そもそもやめる、やめないの話じゃないはずですよね。

そもそもプロ、アマの違いってなんでしょう?僕は”プロってのはこうあるべきだ”というような話が好きだった時期もありましたが、最近はあんまり意味ないなと思ってます。

プロだろうがアマチュアだろうが、できる時間内で本気でやったほうが楽しいだろうし、誰だってもっと上を目指したい。それがたまたまお金になればプロ?それで尊敬される?そんなのもおかしな話ですよね。

だいたい、上のレベルまでいく人は、アマチュアの時代からいわゆるプロ意識みたいな上昇志向、ハイレベル志向の考えをもっていたりするもの。

肩書きとか立場とかそんなのどうでもいいから、一生懸命取り組んでいる人の作品やパフォーマンスはやっぱりそれなりに伝わって来るものです。

趣味だから楽しければいいんだ、という人もいるでしょうが、僕もいろいろとレッスンをしていて思いますが、ただ楽しいだけじゃやっぱりつづかない事が多いです。ちょっとした難しさ、それでもチャレンジしたくなる要素、ハードルを越える達成感みたいなのがあるからこそ面白い。

趣味だって、今を越えようと思えば頭を捻らなければいけないし、何度もトライしなければいけない。それでも、それをやりたい!と思えることこそが宝物なんですよね。

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。


体験レッスンを予約


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です