歌う仕事につくために僕が意識していた3つのこと。

2010年6月、僕はそれまで勤めていた会社を辞めて、全国ツアーに出ることになりました。日本人なら誰もが知る、超実力派のメジャーアーティストのコーラスシンガーとして。29歳、何度も諦めかけたプロへの夢が叶った瞬間。やっぱり嬉しくて泣きました。

続きを読む 歌う仕事につくために僕が意識していた3つのこと。

JPOPはどうしてキーの高い曲が多いのか??

JPOPのアーティストを見ていると、自分にはこのキーでは歌えない・・というような曲がよくでてくると思います。その度に、自分には才能がないから高いキーでは歌えない、と思うのは間違いで、単純に技術の問題であることは再三書いてきたことです。

続きを読む JPOPはどうしてキーの高い曲が多いのか??

歌手、ミュージシャン、アーティスト・・夢を叶えるためのたった一つの法則。

皆さんにはいろんな夢があることでしょう。歌手になりたい、作曲家になりたい、ライブに100人集めたい、デビューしたい・・

誰でも簡単に実現できるようなことは、夢とは言えません。いろいろな目標は、達成困難だからこそ、夢になります。

さて、あなたはどこまでやれますか?

続きを読む 歌手、ミュージシャン、アーティスト・・夢を叶えるためのたった一つの法則。

モチーフは名曲の原石。迷っても手を動かしていけば必ず形になる。

作曲をするうえで、最初のアイデア、つまりモチーフというのはとても大切です。モチーフがその作品の核心であり、それこそが言いたいことであるべきだと思うからです。

しかし、いろいろとトライしていると、最初はいいとおもったモチーフが作っているうちになんだか飽きてしまったり、途中でやめてしまいたくなったりすることは良くありますよね。

そんな時でも、経験からいうと、とりあえず人に聴かせられる形までは勢いで作ってしまったほうがいいと思います。

なぜなら、作っているうちになんとなく形が見えてきて、思いのほか良いものになったりもするからです。

モチーフであるうちは、いわば絵に描いた餅。具体的に形にするということこそが作曲家、プロデューサーの仕事であって、こんな感じとかあんな感じと言っているだけの人はディレクターでいいのです。

つまりその、”手探りでも最後まで形にするスキル”こそが、クリエイターのスキルであり、価値なので、そのスキルをいつも磨いておく意味でも、些細なモチーフからでも最終形まで持っていく意識というのが大切なんです。

どんなベテランのクリエイターでも、最初から完璧に完成形をイメージしてできるわけではありません。あまりやったことのないテーマの依頼があったり、未知の楽器を使ったり、毎回なんらかのチャレンジングな要素がある場合も多く、そこは手探りで乗り越えなければならないのです。

僕もかつては作りかけて完成させられないままの曲の断片を山のように溜め込んでいた時期がありました。今考えれば、すこし完璧主義すぎて細かいところにこだわりすぎていたと思います。

こだわりも大切ですが、とにかく自分の中で引っかかるものが表現できていれば、とにかく前に進んで形にしてみる。その過程で、いろんなアイデアが湧いてきて、より良いものにできる可能性もあります。

そうして完成したものをどんどん人に聞いてもらう、そうすることでスキルも上がるし、チャンスも広がっていきますよ。

スタートダッシュの爆発的行動力で、良い循環にのってしまえ。

ものごとは始めたばかりの時が一番モチベーションが高く、何を見ても聞いても新鮮に感じられるもの。

人は何かに興味を持っているときに、その何かを吸収するのに一番いい状態になっているというような話もありますが、そういう初期状態のモチベーションでどのレベルまでいけるかが、どこまで続けていけるかの一つの分岐点になると思います。

続きを読む スタートダッシュの爆発的行動力で、良い循環にのってしまえ。

東京渋谷|プロが教える音楽スクール。