KYOKAさんとの2マンライブ@松山OWLが最高だった件。

先日数年ぶりに松山OWLでKIYOKAさんとライブさせていただきましたが、アコースティック系にはぴったりなOWLさんの空間、いつも運営面でも支えてくれるKIYOKAさんの人柄も相まって、とても暖かい空間ができていて、素晴らしいライブになりました。

全国からツアーミュージシャンが頼りにする箱。

スタジオ OWL <ライブ/レコーディング/レンタル機材/喫茶・軽食etc>

OWLさんは地元に根ざしたライブ、コミュニティースペースとしてすっかり定着しているようで、それもやっぱりマスターの優しい人柄のせいだろうなと思います。

僕も3、4回くらいライブさせてもらってますが、天井が高く、モニタースピーカーが天井に釣られているなかなか珍しい構造で、アコースティック系は響きがとても気持ちいい。キャパも丁度いいサイズなので、ソロ系のツアーミュージシャンに選ばれる理由がわかります。

奥にはスタジオもあって、こんな場所自分も作りたいなあと思うくらいいろいろ理想的。やっぱり音楽が心地よく聞けないと、リピートにつながらないですもんね。

そして、毎回お世話になっているKIYOKAさん、地元の音楽スクール講師をされていて、最初に僕が全国全都道府県ツアーをしたとき、フリーセッションみたいな感じで飛び入りしたところを話しかけていただき、そこからライブに呼んでいただけるようになりました。

シンガーソングライターであり、スクール講師もされているので、いろいろと共通する部分が多く、学ぶことも多いので話は尽きなかったですが

中でも、いろいろなツアーミュージシャンが地元でライブできるようにコーディネートしてあげたりということをやりつづけている話が面白かったです。

僕も自分でイベントをやってるし、ツアーもしたのでいろいろわかるけど、小さい規模で地方でライブするって本当に大変なんですよ。

何より集客、告知が行き渡らないというのもあるし、アゴアシマクラとか言われる食費、交通費、宿泊費もどう見積もってもわりに合わないことが多い。

たくさんの人にこの人の音楽を知ってほしい!という思いでサポートしてくれる。そんな地道な活動を続けていたら、KIYOKAさんを信頼していろいろなミュージシャンから声がかかったりするようになったということ。

やっぱり一番大事なのはお金でなく信頼。信頼さえあれば、お金に困った時でもなんとかなる。これ社会の鉄則ですね。

僕は正直アーティストとして全国的に知名度があるわけではないので、こうして地方にいっても、え吉田博?誰?ってなるんですけどw

それを事前に地元のみなさんにこういう人なんですよーと説明してもらえるのは本当にありがたい。

毎回そうやって、苦労してイベントを組んでもらえた時に思うのは、もっと有名になれて、勝手にお客さんに来てもらえるようになれたら、その時は恩返しできるのかなと。

あとは、信じてパフォーマンスの質を上げ続けて、毎回新しい何かを準備して、吉田博なら、毎回ライブにいってもなにか面白いものを見せてくれる、という信頼を勝ち得るしかない。

しばらくアーティストとしての活動から遠ざかって、裏方に専念していたけど、やっぱり後輩達にアドバイスしていく上でも、自分が体を貼って経験していかなければ説得力もないですから。

また初心に帰ったつもりで、圧倒的なものを見てもらえるように精進していきたいと思います。




プロになんでも相談できる
レッスン&プロデュース

ボイトレ、作詞作曲、音源、映像制作、ライブサポートなど、音楽活動全般について相談できる、出し惜しみなしの体験レッスンは¥2000~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約