SHOWROOM、ニコ動・・新しいネット音楽メディアで売れる時代。


昨今のネット系音楽メディアは本当に面白くて、新しいスターが次々ここから生まれていく可能性を秘めています。これから売れたいアーティストはこれらを使わない手はない!!LIVEARTISTでもこれから全力でこれらのメディアでの活動をサポートしていきたいと思います。

次世代のファンとのコミュニケーションツール。これだけで生活できる人も。

SHOWROOM
SHOWROOM

ニコニコ動画
niconico

自分の音楽活動をお金に変えていく、というアーティストにとって切実な糧となる手段が増えて行くことは素晴らしいですね。

特にSHOWROOMの課金モデルは、ストリートライブで投げ銭をもらうという構造をネットで実現したモデルらしく、とても理にかなっていて素晴らしい。

テレビに出てたくさんの人に知られなくても、数人のコアなファンやパトロンに多くお金をもらって生活することもできる、という選択肢がますます増えることになりますね。

ただ、どうしても水商売的な?方向に走りがちな傾向はすでにあるような気がしていて、アーティストとして純粋に音楽の魅力で稼ぐ!!というような方向性とは離れてしまう傾向は出るのかなと思いますが、それもある意味人間の本質をついていると思うので、向き不向きで使い分けていけばいいと思います。

ニコニコ動画はますます同人コミュニティ的な色が強くなるのか?

ニコニコ動画はもともとアニメ、ゲーム系のカルチャーの色が強かったせいか、内向きな心情をさらけ出す系のものがブレイクしていたりしますね。おおっぴらにはTVなどで扱われにくいような自殺願望の曲だったり、そういった感情を共有する場所としてコアなファンが付いているという印象はあります。

サイトとしても、クリエイターを金銭的にも支援していくという仕組みができているので、食っていける人もたくさん出ているようです。

これらのサイトでお金を稼ぐという仕組みは構築されて行っているとはいえ、それぞれのサイトのカラーというのは出てしまうもので、サイトのカラーに馴染めないファンはやっぱりそこを深く掘り下げていかない・・。だから今後ますます、こういったモデルのサービスを提供するサイトが増えて、いろいろな音楽性やキャラクターに合わせて選択肢が増えていったらいいですね。

これらのサイトの攻略法は??

さて皆さんが気になる、これらのサイトでスターになるための方法ですが、SHOWROOMの代表の方のお話にも少しあったのですが、やはり発信する回数が多い人ほどヒットしやすい、という至極当たり前の”下手な鉄砲数撃ちゃ当たる”理論は不変の真理らしいです。

僕のこのサイトを通してひたすら言い続けていることですが、

たくさんやりつづけろ。

本当に信じられることってそれだけなんですよね。成功してきた人たちの歴史を見てもそれは明らか。やり続ける中に、試行錯誤があって、学びがあって、成長がある。だからやり続けたら自然にだれでも偉大な人物に近づいていく。

そして現代のネット社会では本質が全てどこかで透けて見えて伝わってしまう=うそが通用しないので、その試行錯誤の過程を、ずっと見せていく、というのも、共感、信頼を得る上でとても大切なポイントになります。

だから、とにかく世の中に放ち続ける。最初はクオリティ低くてもいいんです。当たり前じゃないですかそんなの。

でも見ている人は、それでも頑張っているあなたを見て、応援したいな、今は観れたもんじゃないけど、1年後にまたふと見てみたときに、ああこの子めちゃくちゃうまくなってるじゃん!と思えたら、ファンの人もきっとあなたのことを特別に思ってくれるはずです。

卓球の愛ちゃんが小さい頃に泣きながら卓球しているのを知っているから、大きくなって世界で戦う姿を日本中が親のような特別な感情で見ています。他の選手とは思い入れが違いますよね。

結果を出せることは素晴らしいですが、それ以上に応援したいという気持ちを持ってもらうことが、アーティストとファンの関係では大切な場合がある。

1回見てもらったときに、ああ下手くそだなとか、クオリティ低いなと思われたらもう2度と見てもらえないんじゃないか、という考えで、ずっとビクビクして世に出れない人がいますが、それはもったいないと思います。そんなことは絶対ないし、成長して、あいつすごいな、と他の誰かに思わせられる日がきたら、そのうわさがまたその人のところに伝わって、もう一回見てみようかな、って絶対なりますよ。

そうなったらその人は絶対”あんなに下手くそだったのにこんなにできるようになったなんてすごい!自分も頑張ろう”ってなりますよ。特別なファンになりますよ。

最初から誰にも好かれるアーティストなんていない。

というわけでいろいろ考えてきましたが、最初から10人中10人に絶賛されて、全ての人がファンになってCDも買ってくれるなんてアーティストはいないわけです。

とにかく10人に聞いてもらって1人、2人にコアなファンになってもらえたら1億人に見てもらうチャンスさえあればものすごい大ヒットになりますよ。だから、逆に言えば9人に嫌われてもいい。ひたすら自分の信じたことを世に問い続ける方が絶対に成功する確率は上がります。

そしてそれをやり続けるうちに、嫌いな人の意見も耳に入ってくるからこそ、じゃあどうしたら好きになってもらえるかな?ということを真剣に考えるようになる。自分に足りないことを考えるようになる。

そうやってちょっと傷つきながら心に刻まれていくことって、自分一人では絶対に得られないもの。だからどんどん恥をかきながら、失敗しながら進んで行くべき。

その先に、きっといろんなステージを超えて説得力を持った、かっこいい自分がいますよ!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です