Macbook Pro 2017 15inch を買ってみた。


近頃ありがたいことにシンガーのレッスンでもDTM志向の方が増えてきたので、家の環境もまるごと持っていけるように、メインのマシンをMacBook Proに変えてみました!

大きい、速い、でも思ったより軽い、そしてケーブルの変換はやっぱり大変。

MacBookに変えようと思ってからずっと待ち望んだニューモデルがついに先日発表になり、入荷が始まったタイミングで即購入。タッチバーがついているモデルは初回はいろいろ不具合もあったみたいで、あまり評判が良くなかったんですよね。

その辺もおそらくクリアになったであろう2世代目タッチバーモデル、CPUもグレードアップしたらしいですが、以前はMacbook AirとMac mini 2012のモデルから変更した体感としてはそりゃ速いです!

いつも使ってるプラグインのピアノを立ち上げた時の速さに驚き。これならさくさくいろんな音色を試してみたくなるかも。音楽制作ってサンプリングレートの基準が未だに48kとかで作るのが普通だったりするので、意外とそんなにハイスペックなPCじゃなくてもいけたりしますが、やっぱりこの辺の速度は作業の流れを変えてくれそう。

もちろんデスクトップならもっと爆速なんでしょうけど・・あたらしいiMacもなんか凄そうだし。

でもやっぱり僕はいろんなとこ行きたいんですよねw レッスンだったり、ライブの現場だったりレコーディングだったり。PC2台あるとデータのあれがあっちにしかないとか、その辺が結構面倒だった。

昔ノートパソコン一台でいろいろやってた感覚に近くなって、フットワークは軽く、でもちゃんと仕事も全部できるっていうスペックになってるのが嬉しい!大事にしていこうと思います。

ZOOMのレコーダー、 H4n proも導入いたしました。

以前からわりとちゃんとしたデモを録音したいという場合にはオーディオインターフェースとマイクを持って行ってたのですが、もっと普段から気軽に録音できる環境、かつ動画の撮影にも使えそうなレコーダーが欲しいなということで、ハンディレコーダーも導入しました。

これについては使い込んでいくうちにレビューでも書いていこうかと思います。

LUMIXのGH-4と合わせて、歌ってみた動画の作成とかちゃんとできる環境が整ってきたなあという感じです。ちゃんとした作品にしようとすると、やっぱりレッスンの1時間では収まらないことも多いのだけど、興味がある人は相談していただけたらと思います。

そんなわけで、ますますボイストレーニングだけじゃないスクールを目指して、新しい時代に備えていろんなサービスを提供していける環境をつくっております。体験レッスンもお気軽に。

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です