なぜジャムセッションが好きなのか改めて考えて見た。

さていよいよ今週末に迫りました11/17@渋谷PLUG IN STUDIOのsessions!予約ももうほぼほぼ満員なので滑り込みで入れるかどうかというところですが、迷ってる人はお早めに!!初めて参加される人も多いと思うので、改めてジャムセッションの魅力について考えて見ました。

同じ音楽が好きというだけで知らない人と通じ合う瞬間。

ジャムセッションの醍醐味といえば出会い。知らない場所にドキドキしながら行って、知らない人だらけの中で唯一、知っている音楽を自分の感覚で演奏する。

それで誰かと通じ合えた時の喜び。自分が受け入れられた時の喜び。それは楽しいもんです。

もちろんミスしたり、慣れない環境で実力を発揮できなかったり、思うような評価を得られなくて凹んだりすることは多々ありますよ。

それでも、上手い人の演奏や熱く盛り上がるプレイ見て、やっぱり生の音楽っていいなあと思えるのがセッションの醍醐味。自分がいいパフォーマンスできなくても面白いのがいいんです。

同じ場所で同じ瞬間を共有する、音楽ってそういう一体感があるだけで素晴らしいものですよね。

現場での経験を積みたいならセッションが一番手軽。

もちろん入念に準備したライブも大切な自分の表現の場所ですが、なかなか年に何回もできるものではない。

やっぱりステージでのパフォーマンスを極めて行くなら、場に慣れることも大切だし、ステージならではの緊張感から生まれる力を体験することも大切。

アンサンブルや、オーディエンスの反応に応えるなど、ライブの現場でしか学べない経験を積むにはそういう環境に飛び込むのが一番。

そんな意味でセッションできる機会を増やしたいと思っているわけでございます。

何より出会いがないとチャンスもひろがらないし、新しい評価も得られない。そんな意味でどんどんこの文化を広げていきたいと思って居ます。

さて、今週のsessions、どんな形になるか僕も未知数ですが、楽しみですね!ぜひ遊びに来てください!!

https://nana-music.com/topics/plugsessions/




プロになんでも相談できる
レッスン&プロデュース

ボイトレ、作詞作曲、音源、映像制作、ライブサポートなど、音楽活動全般について相談できる、出し惜しみなしの体験レッスンは¥2000~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約