SHOWROOM,17Live,Live.me配信始めるならどれがいい?


というわけで、前回の記事からライブ配信にはまっておりまして、主にSHOWROOM,17,Live.meで配信してみました。その感想とか書いて見るので、これから始める人に参考になれば。

僕はダントツでLive.meがハマった!

この3つの中では、僕個人としてはLive.meが一番合っていたようです。なぜなら、僕は洋楽も歌うし、顔が日本人離れしているしw歌という世界共通言語が武器なので、いろんな国の人がみてくれるLive.meは楽しすぎる!!これは革命ですね。

インスタライブとか、Youtube、かつてのUstreamとかも世界に開かれているのは間違いないけど、ただやってるだけで世界の人が見つけてくれることはない。

でもこういうアプリのいいとこは、SNS的な要素もあり、かつ初心者をおそらくトップページに出して、配信を諦めさせない?ような仕組みがあるから楽しいんですね。

実際Live.meでも、トップランクの配信者をちょっとスクロールすると、視聴数の少ないアカウントも結構表示されて、その後に海外のユーザーがでてきます。これはモチベーションあがりますよね。

17も素敵!!何より美顔フィルターは助かる!

これSHOWROOMにだけない機能ですが、美顔フィルターをかけて配信できるのがとっても助かるw 若くみえる!とかイケメンですね!!とかコメントもらえて、アラフォーですけど調子に乗ってしまいますw

というだけでなく、配信しようとすると照明とか大変なんですよね。その辺の負担を軽減して、配信を気軽にできるのはこれから配信者ユーザーを爆発的に増やしていく上でとっても有利だと思います。

そして、17とLive.meの比較でいうと、17は台湾発、香港、アジア一部という感じですが、Live.meは香港発、世界85ヶ国!ということで、もう桁が違います。

アプリのダウンロード数でいうとさほど開きはなさそうですが、やってみたイメージからすると、17はやっぱり台湾、中国が多そうなイメージですが、Livemeは世界中の人が表示される感じですね。

ライブ配信で家から世界に向けて歌を発信して、世界的なスターを目指せる時代なんて本当にすごい!

ライブの良さって、映像と違って多少クオリティが低かったり、いろんなハプニングやミスが起きたりしても自分次第でカバーしたりできるとこ。そこでキャラが出たりして、逆に好感度上がったりする。

まさに、完璧な物をばーんと見せるというところから、共感をえて応援される存在になり、その人にとって親密な存在になる、という”スナック的”文化。

ここである程度の知名度を稼ぎつつ、投げ銭で稼いだお金で練習時間を確保し、パフォーマンスのクオリティを上げていければ理想的だなあ。

ちなみに、収益化については

SHOWROOMだけは公式アカウントが必要。事務所のようなところに所属する必要がある。事務所によって投げ銭のリターンはまちまちみたい。(これどうにかならんのかな?w)

17とLivemeは投げアイテムの一部がロイヤリティーとして還元される。いずれもハードルは割と高めだけどね・・

収益で食っていくなんて相当人気にならないと無理だと思うんですが、こういうの一回全部試算してみたいなあ。今度いろいろ試してみたいと思います。

というわけで、僕はこれから17とLiveme中心にライブ配信していこうかと思ってます。せっかくなら世界に向けていきたいので!!

17-> hiroshiyoshida1980

liveme->Hiroshi Yoshida ID:15684506

でやっておりますので、ぜひチェックしてね!

 

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。