J-POP JAM大盛況。ありがとうございました!!


昨日のJPOP JAM大盛況で終了。11時ギリギリまで皆さん本当にありがとうございました!総勢50名超えるセッションでしたが、本当にみんな音楽愛に溢れた人たちばっかりで、毎回トラブルもなく、最後までみんな本当に楽しそうにしてるのが奇跡だなあと思います。

理想的な形へどんどん進化するJPOPJAM。

回を重ねるごとにセッションとしての要素も増え、新しい出会いの要素も増えて行くJPOPJAMですが、リピーター率もかなり多いのが自慢。

そしてその子達の人柄が本当に素晴らしいと思うんですよね。そんな子達で雰囲気が作られて、さらに同じような志を持つ人たちを連れてきてくれて、みんなで楽しめるイベントになっているのかなあと思います。

スキルの競い合い、戦いのようなセッションもあっていいと思いますが、ここはいろいろなバックグラウンドを持つ人たちがただ音楽の良さを分かち合う、それぞれの個性を認め合う場であってほしいと思うので。

まさに理想的な形を参加者が自然に作ってくれている気がしています。ありがとうございます!!

合唱企画も大成功。

今回初めての試みとしてモンパチのあなたにをみんなで合唱するという企画をやりましたが、思ったよりみんな歌ってくれて感動でした!!

合唱とかを突き詰めてやってる人からしたら、ただ大勢が集まって一緒に歌ってるだけで何が楽しいの?って感じなのかもしれませんがw

シンガーである僕ですら、大勢で何かを一緒に歌うっていう機会はあんまりないわけで。普段あまり人前で歌う機会のない人はなおさら新鮮だったのではないでしょうか?

思えば小さいころとか学校では毎日のようにみんなで歌うっていう時間があったもんですが、社会人になるとなかなかそんな機会はない。

みんなで同じ行動をとるというのは、連帯感を生む、共感を生む、お互いを認め合うために一番シンプルで手っ取り早い方法。

そして音楽っていうのは何か宇宙的な繋がりを感じさせてくれるものですから。誰の歌声を聞くわけでもなく、みんなで一緒に声を出すだけで、ふっと何かあるべきところに帰れるような感覚があるんじゃないでしょうか。

そんなわけで、曲はその場にいるみんなが知っているものなら何でもいいと思うんですが、初回あなたにをアコースティックギター一本でやったのは正解だったなあと思います。

熱唱系なんで、みんな恥ずかしがらずに大声だせるってのがいい。細かい部分が気にならないというかw でもさらに定着していったらみんなめちゃめちゃ大きな声だすようになったりして面白そうなので、またどこかでやりたいと思います!

というわけで次回は12月の予定。何か新しいことを盛り込んで行きますので、お楽しみに!!

最後になりましたが、改めて参加者のみなさま、長時間素晴らしい演奏をキープしてくれたホストバンド、スタッフ、映像チームのみなさん、本当にありがとうございました!引き続きよろしくお願いいたします。

 

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

新曲MV公開中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です