JASRACの著作権料徴取問題について、作曲家かつ音楽講師の僕が本気で考えてみた。


JASRACが音楽教室からも著作権使用料を徴取するという方針で動き出したというニュースが話題になっていますね。奇しくも、普段JASRACにお世話になりつつ、音楽教室もやっている僕が、この問題についてなるべく中立的に考えてみました。

あまりにもJASRAC批判が多いのですが・・そもそも何のためにあるの?

今まで無料だったものにお金がかかるとなると、拒否反応が出るのは当然ですが、そもそも何のためにJASRACはあるのでしょうか?

みんなが作曲した楽曲が、勝手に誰かにコピーされたりして売られてしまったら困りますよね。だから、JASRACを始めとする著作権管理団体は、僕らの代わりに著作権使用料を徴取してくれているわけです。

だから、作曲家目線からしたらとても頼りになる存在。むしろ、こういう団体がなければ作曲家なんて成り立たないでしょうね。

でも、なぜこれだけJASRACが批判されるようになったかということをとってもざっくり説明すると、日本では、TV局などとJASRACが包括契約を結ぶことで、独占的に著作権管理をしてきた歴史があって、そのせいもあってか徴取の基準が不明瞭だったり、一部には配分も不明瞭なのではないか?という話があったり、いろいろとグレーなイメージがあったわけです。

さらに、昨今のCDの売り上げ減少で、JASRACの収入も減っていく一方。そこで、今までは取らなかったところからも著作権使用料を徴取しようという流れになったという話。

その一環として、音楽教室も対象になったということですね。

法律の解釈はよくわからないけど、個人的には払ってもおかしくないと思います。

というわけで、個人的にいろいろ考えた結論としては、音楽教室が著作権使用料を払うことにはどちらかというと賛成です。

そもそも音楽教室は教育機関とはいえ義務教育でもないし、趣味、エンターテイメントとしての要素が強い。ビジネスとして音楽教室をやっている企業から徴取するのだから、その収益から徴取すると考えるなら腑に落ちる。

でも、JASRACには誰もが納得する透明な徴取、配分の仕組みはきちんと作って欲しい。そこがなんだかぼやっとしてるから、いろいろなところで叩かれるんだと思います。

CDの売り上げが減って収益が減ったから、今まで取らなかったところからもとりまーす!ってなったらそれは反発おきますよね。そんなおたくの事情はしらないよって。

いずれにしても、将来的にはこういった問題はブロックチェーン技術などで機械的に処理されていくだろうと思うので、著作権管理団体というのももっとスマートになっていかざるをえない過渡期。

支払う側も、面倒な手続きなく正当な支払いができるならあまり問題にしないと思います。莫大な使用料をとられるわけじゃないんだし。

作曲家が必死こいてやっと作った曲を弾いてみたい!歌ってみたい!という生徒さんのモチベーションがあるからこそビジネスが成り立つのだったら、そこに楽曲の力はおおいにあるはず。それは音楽教室にも納得してもらえるはずです。

最近クラシックをいきなり勉強させるより、自分の好きなポップスなどから入ることで、生徒さんのモチベーションを保つみたいなスクールが増えてますからね。

音楽文化発展のためなら、なんでも無料でいいのか。

ツイッターで冗談で言われることで、そのうち鼻歌で歌っただけでも著作権使用料請求されるんじゃないか?というようなジョークがありますが、もちろんそんなレベルになったら文化は死ぬでしょう。

いやむしろ、そんなレベルになったら著作権フリーで楽曲を発表するアーティストが潤って、みんなそっちに移行するかも。

著作権の考え方自体がこれから変わっていくだろうし、アーティストが場面場面でいい方法を選んで作品を発表できるようになれば一番いいですよね。この作品は教育用なのでそこからは取りません!とか。

プロを目指す子を教育する上でも、将来自分が楽曲を作る側になれば、収入源が多いほうがモチベーションになる。それはそれで、文化を作ることになる。

マイナースポーツよりメジャーなスポーツがレベルが高くなるのも、収入の多さが関係してたりしますよね。親がメジャーなスポーツ選手にさせようとするとかw

それも文化だと思うんです。なんだかんだ言って、お金が集まるところに人も集まるという現実はありますから。

というわけで総じて、僕の考えをざっくり言うと、楽曲がビジネスに使われて、それが明らかにそのビジネスにプラスの影響を与えているなら、そこから徴取するのは納得できる。でもJASRACにはもっと透明に、スマートにやってほしい。

と思うのですが。みなさんはどうでしょうか??

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です