ギターを持って、旅に出よう。ツアーのススメ。


 

 

2012年、僕は全国全都道府県を一人でギター弾き語りで回るツアーをやったのだけど、そこで得たものをいくつか。

①知らない土地で、知らないお客さんを相手にしても物怖じしない強いマインドができた。

これが一番の収穫。どんな新人アーティストも通る道いわゆる

どさ回り”はアウェーの連続。

例えば地方のショッピングモールで、子供からお年寄りまであらゆるお客さんがいる前で、面白いものを見せないと容赦なく人は通り過ぎていきます。

え、この人だれ?知らなーいと。

・・・はい、そうなりますよね。

そんなお客さんにちょっとでも足を止めてもらうために体感としてわかってきたのは、

掴みが大事。

ボソボソっというMCで、ゆったりした曲をやるみたいなスタイルでやっている人は特に(僕がそうだったんですが)第一声だけでも無駄に張って注目を集めるとか、そういう意識が必要。

②たくさんのライブを積み重ねることで演奏が安定する。

回数重ねるほど演奏にも余裕ができるし、この曲は確実に盛り上がる、とか確実に泣かせられる、という確信がもてるようになってくれば、自分のペースでライブを組み立てられるようになる。

毎回違うお客さんを前にやるので、反応もなんとなくわかるようになってくるものです。

③たくさん友達ができてとにかく楽しい!

遠方からツアーしてきた、というと地元の人はすこし特別扱いしてくれるもの。やっぱり苦労して頑張ってる人はどこにいっても応援されるのです。

ライブハウスで知り合った共演者と飲みに行ったり、家に泊めてもらえたり?気に入られたら次回のライブ時にはいろいろと力になってもらえたりもするでしょう。

音楽をやりつづける限り、どんな小さなつながりでも

人とのつながりは一生の財産です。

 

音楽ってそもそも、人とつながるためにやっているようなもの。

旅を通して、人としても成長できること間違い無しです。

 

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。


体験レッスンを予約