ベーシックインカムで遊んで暮らせる時代がくるのか??

仮想通貨、ICO、トークン経済、ベーシックインカム・・僕らの人生をほぼ支配してきた?”お金”にまつわる概念が少しづつ崩れていくだろうと思われる2018年。本当に僕らの人生は変わるのか??

行動を起こせば、新しい世界へ飛び込める可能性は十分にある。

2018年は、あまり働かなくても良い社会になる? AI/IOT、仮想通貨、ベーシックインカムetc

僕も仮想通貨が社会に与えるインパクトなどいろいろ勉強したのですが、現状ではまだまだ投資、投機の対象、という見方が一般的で、まだまだ生活に対する影響はない。

しかし今年から少しづついろいろなところで仮想通貨の支払いはじめました!というようなことを聞くようになるでしょう。そういう風になっていったときにいよいよ社会のあり方が変わってくる可能性はあります。

今のうちからこれから起こる革命についていろいろと理解しておけば、行動する指針も変わってくるかもしれませんが

結局のところ、人として本質的なところで好かれたり、信頼されたり、人気がある人は安泰、という普遍的なルールは変わらない。

ただ、今まで経済的にはあまり恵まれなかったアートのジャンルでも、今まで数値に変換できなかった価値が認められて、社会的な評価が上がるということは十分に考えられる。

そんな仕組みを僕もつくれないかなあと今画策しているところです。

去年も話題になったVALUやTIMEBANKというサービスがありますが、ああいう数値化できない人間的な魅力という価値をお金に変えることができたら面白い。

しかも、結局既存の枠組みの中で有名になった人しか目立てないというようなことではなく、笑顔が素敵、とか、めちゃめちゃ猫が好き、というようなありふれた特性にも価値が生まれるかもしれない。

今までの価値観だけで考えていると想像しにくいですが、そんな世の中になったら面白いですね。

とはいえ、すぐにそんな世の中になるとはまだ思えませんが、今年はいろんな面でこの界隈の話題には注目だと思いますよ。

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら