裏声で低い声?これが意外に大切なのです。

裏声って言われると、だいたい高い声?と思うでしょう。高い声の裏声の方が出しやすいですよね。しかし、いわゆるミックスボイスを習得していく上で、地声と裏声のバランスをとってスムーズにつなげていくのに、低いところの裏声が重要なんです。

裏声を鍛えるなら、限界まで低いところまで、安定させてみよう。

ここが以外と盲点。ミックスボイスってざっくり言えば、地声と裏声のバランスをとっていい感じのところでキープすること。でも、以外に自分が地声で出る、と思っているような音域で声が地声に寄りすぎているからこそ、そのまま引っ張って高音域に行ってしまう癖がついているんですね。

だからこそ、裏声の下降練習をやってみてください。普通に、自分が楽に出せる高音域の裏声で”フー”と音程をキープ。そのままどんどん音を下がっていっていけるとこまで裏声のままキープ。

これが以外に、やったことない人はどこかで地声にもどってしまうでしょう。普段から裏声と地声が混同しているような人は、おそらくどこで地声になったのかわからない人も多いです。

基本的に、歌声は裏声に地声が混ざっているような状態が一番楽に音域を行き来できます。その状態がいろんな面で歌うのに適した状態と言われる声なんです。

普通の日本人はだいたい地声しか普段つかいませんので、裏声が弱いのは当たり前なんですね。だから裏声を重点的に鍛え、バランスをとっていくのがいいと思います。

鼻腔共鳴の謎。僕なりの考えは・・

いわゆる鼻腔共鳴というのが言われる理由というのが、おそらく厳密には共鳴という意味合いではなく、その裏声の中に地声が入っているようなバランスの声、そこをキープしようとすると、鼻腔のあたりから声が抜けていくような声になるからなのでは?と体感的に思っています。あくびしている時のような状態ですね。

試しにあくびしながら喋ってみるとなんとなく感覚わかりますかね?クラシックや合唱で好まれそうな声になります。

でも、ポップスでも音域を広く行き来する上で、この声の出し方、声の通り道、というのは大いに役に立ちます。

やっぱりミックスボイスの基礎として鍵になるのは裏声。そして閉鎖力。

というわけで、裏声の中で、閉鎖を強めていくような感覚、それこそがミックスボイスの真骨頂なわけですが、その基礎として低いところの裏声が、土台として大切になりますよ。というお話でした。

ぜひ体験レッスンでも、あなたの癖を把握しに来てみてください!




プロになんでも相談できる
レッスン&プロデュース

ボイトレ、作詞作曲、音源、映像制作、ライブサポートなど、音楽活動全般について相談できる、出し惜しみなしの体験レッスンは¥2000~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ”Dear Bride”、”Esperanza”、”beloved”他多数作曲(共作)、AKB48″M.T.に捧ぐ”作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX”ダイジョーブ”作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

体験レッスンを予約