教育ではなく、体験をつくること。


いよいよ明日、久しぶりに二子玉川KIWAでゲスト参加させてもらうライブが迫ってきました。迷っている方はぜひ!言えないですが、スペシャルなことが起きますのでw きっと人に自慢できる機会になると思いますよ。4/12のJ-POP JAMの準備も着実に進めているんですが、LIVEARTISTとしてやっていきたいことも明確になってきた気がします。

教育ではなく、新しい世界を知り、体験する機会を。

保育園をクラブに変える。子ども向けDJが「はみ出した子」に本気でぶつかる理由

こちらのDJさんの考え方にとても共感したのでシェア。僕も、既存の価値観に沿わせることが正解ではなく、あくまで自分で何がいいのかということを判断していくためのヒントをたくさん与えていくことが使命ではないかと思っています。

一つのやり方しか知らずに、そればかり目標にしていて行き詰まった時、人は自分には才能がないとか思ってしまいがち。

でもそんなことはなくて、どんなやり方でも、人の心をとらえて、感動させることはできる。前例のないことが正解になることだってあるし、むしろ芸術はそうやって進歩してきたわけで。

そういう意味では、何か正解を定義して、それをただ教えるということには限界があるようにも思っています。

もちろん、すでに市場があって、仕事として成り立っている世界に入りたいということなら、その作法を習得していく方が現実的ですね。

それは言葉を習得するようなもの。やっぱり現実の世界では、お互いにわかる言葉で話さないとただのはみ出しもので終わってしまうことも多いですから。

でも、完全に既存の世界の価値観に染まりきって、自分の価値観までその中で完結されてしまったら、いつかとんでもない変革が起きた時に、ああしまったと思うことになるでしょう。

芸術に限らず、どんな世界でも、人々の意識は常に変わり続けますし、常識も変わります。そんな意味では、”はみだした心”を完全になくしてしまわないように、どこかで大切に守り続ける必要がありますね。

閉じた世界から、もっと広い世界へ。

このDJさんのお話で、閉じられた世界では新しい発見はないという部分にもとても共感します。

閉じた世界にいる人は、そこが閉じているということすら気づいていないわけで。そういう意味では常に新しい刺激を探しに世の中をいろんな方向から見てみることも大切。

そのために、新しいドキドキを体験する機会を提供することこそが、最大の教育ではないかと思います。

そんなわけで、僕自身も、新たな試みを繰り返すことで飽きずに音楽を続けてこれたと思っていますので、みなさんから見たら同じようなことの繰り返しをしているように思われるかもしれませんが、毎回毎回、新しいチャレンジ、やってみないとどうなるかわからない、という思いでイベントなど企画しておりますw

知らないメンバーとのライブも楽しみだし、そんな思いをみなさんにも体験してほしいと思いますので、明日と4/17日のライブも、4/12のJ-POP JAMもぜひ遊びにきてくださいね。

3/27@二子玉川KIWA、スペシャルなライブにゲスト出演いたします。

 

4/17@渋谷UNDER DEER LOUNGE 弾き語りでイベントに出演します!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。
 
LIVEARTIST代表。
レッスンを予約

新曲MV公開中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です