英語の歌を”らしく”歌うコツ。

日本でシンガーとして裏方の仕事をしようと思ったら、やっぱりどこかで英語の歌と出会うことも多いです。アーティストなら日本語だけにこだわることもできますが、苦手意識はなくしておきたいですね。

英語は基本、聞こえる音を真似する方がうまくいく。

日本は悲しいかな、英語の発音教育が中途半端なので、受験で英語が得意だったという人でも発音は苦手という人も多いでしょうね。僕もそうですw

最近は優秀なYOUTUBERの方々が、発音のコツなんかをたくさんアップしてくれているのでとても勉強になるんですが

歌を歌う上では、歌として聞こえる音を注意深く聞いて、真似する、というのが吉。

下手に歌詞を調べて、知識の中にある英語を”読んで”しまうと、やっぱり日本語的な要素が入ってしまう人が多いんです。

もちろんちゃんと発音まで勉強してる人は綺麗なんでしょうけども、歌として歌う場合は母音が少し崩れたりするのは当然。日本語でも高音になったりするとなおさら母音を崩さないと声出ないとかありますので。

そんなわけで、基本は聞こえる音を真似する、という意識でお手本の歌を聴きながら、ポイントの発音だけはやっぱり知識としてしらないとマスターできない。そんなポイントと思われる代表的な3つの発音。これだけは意識してマスターしてみましょう。

①LとRの発音。

これ一番定番のやつですね。Rは特に、意識しないと無理。あんまり舌を巻き過ぎてるのもわざとらしかったりするので注意。

②thの発音。

この舌を噛むような音は日本語にないし、かなり練習しないとこんなの自然にできませんね。僕も新曲覚えるたびに毎回苦労していますw

③子音だけの発音。

これ結構、単語を日本語感覚で読んでしまうとやってしまいがちですよね。〜dで終わっている音を”do”とか”du”みたいに母音つけて発音してしまうような。

日本語では母音がつかないで終わるという音がないので、結構ちゃんと発音しようとしている人に限ってはっきり母音つけてしまったりします。

歌って特に切りぎわが目立つので、なんか発音してるのかしてないのかわからない最後の音とか、このへん注意深く参考音源を聞いて真似したいところですね。意味が変わったりもしますので。

あとはVとBとか、いろいろ日本人が苦手としそうな発音がありますが、より突き詰めて行くうちに少しづつ覚えていくのもいいでしょう。

正直なところ、J-POPの中で出て来る英語は日本語英語でもいい、むしろ現場によっては日本語英語じゃないとダメというところもあります。

世界のノンネイティブイングリッシュスピーカーは、発音がむちゃくちゃだったりしても堂々とコミュニケーションしてたりしますが、日本人はやたらちゃんとしたがるのが災いして本質的じゃないところに時間をかけすぎているような気もしますが・・

歌となるとやっぱり本物に近い発音がいいんでしょうかね??でもK-POPの日本語の発音を日本人が聴き慣れて来た感覚からして、発音がネイティブみたいじゃないことってそんなに問題だと思いますか???

発音がネイティブみたいであることと、作品、パフォーマンスの本質はあまり関係がないような気もしていますが、やっぱり本物みたいに歌えたら嬉しいのも事実なのでw 納得いくまで突き詰めてみましょう!

と、そんな私が久しぶりに洋楽をたくさん歌うライブに出演します!!!メンバーも一線で活躍する人たちばかりです。皆様ぜひ!!

2018年3月16日(金)  東京GIG

@池袋Absolute Blue

http://absol.blue

Juny-a(sax) (FIRE HORNS)
山口周平(g)
北川淳人(b)
山下あすか(perc)
吉田 博(vo)

open 19:00
1st 19:30-20:30 / 2nd 21:00-22:00

Music Charge:予約¥3,500/ 当日¥4,000(別途1ドリンクオーダー)

★ご予約⇒http://goo.gl/cq8h58

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら