カバー動画で消耗してませんか??結局は本質が大切。

YOUTUBEなどで昔からある方法で、新譜のカバー動画をいち早くアップルするという、ある程度PVを稼げる方法があります。しかし、数年前からあるこの手法も、ある程度行くとやめてしまったり、そこから先に進むことができなくなったりする人もちらほら。何故なのか考えてみました。

結局はアーティスト自身が何を見せられるか。特別なものをもっていないとその先はない。

カバーをやり続けて行くことのいろんな効果は素晴らしくて、カバーは勉強にもなるので僕もみんなにオススメしています。

まずは自分のことを知ってもらう、そしてパフォーマンスの練習をする、オリジナリティを追求する素材にする、そんな意味でもカバーを練習して、ネットにアップしたりするのはいい方法。

しかし、ある程度それでPVが稼げたとしても、その先を考えていなければすぐ行き詰まります。

ある意味、楽曲の検索にひっかかるという”棚ぼた”的なやり方でPVを稼げている部分もあるので、そこから先は純粋な内容次第。

とてもビジュアルがいい、とか歌が上手い、映像が綺麗などの要素が整っているのはもちろん、それ以上のアーティストとしての何かがないと、あえてそのアーティストのカバーを支持し続ける理由にはならない。

歌も上手くて映像も綺麗なカバーアーティストが突然先が見えなくなってぱったり更新をやめてしまったりする例もありますが、やっぱりその先を考えていないと目的がわからなくなってしまうのではないでしょうか。

PV至上主義の陥りがちな罠。

僕もブログをやっているのでわかりますが、検索流入というのは一見、定期的にPVを稼げて、結果も出るし、やりがいもある、進んでいる感があるのは確かですが

それが本来の目的、たとえば僕のブログだと、体験レッスンの申し込みやライブ、イベントの動員につながっていないとなんの意味もないわけです。

実際僕も、一番人気のあるページ、検索流入が多いページを見て体験レッスンにきました!という人より、え、その記事みて来たの?というようなあまり人気のないページがきっかけになっていることが多かったりします。

むしろ、そっちの方がパーソナルで、深い悩みにつながっている記事だったりするんですね。

アーティストとして成功するというのは、ある意味信者を増やすようなこと。表面だけいい感じのものはどんどん出てくるし、これからもますます増えて行くでしょう。

その先にあるもの、なぜそれをやっているのか?というwhyの部分、思いの部分に共感して、わざわざ会いに来てくれる人というのが実は多いんです。

だからやっぱり、本質が結局問われるんですよね。近道はないんです。

でも、見られないよりは見られた方がいい。だからいろんな試行錯誤を続けることは絶対にプラスになると思いますが

最終的に何をやりたいのか?というコアを見失わないように、丁寧に情報を発信していきたいですね。

あ、でも、結局カバー動画も、あげない人の方が多い中でそこにチャレンジしている人の熱量の方が高いことが多いので、やらない人よりは絶対に成功する人が多いと思いますよ!

僕もチャレンジを続けてますしw 共に何かでバズることをめざしてがんばっていきましょう!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら