ボイストレーニング

歌う時、口は開いた方がいいの??

先日動画を見ていたら、歌う時口を開きなさい、と指導されるのはクラシック系のボイトレにありがちな指導で、ポップスはそんなことはない、という解説をしている先生がいて、どうかなあと思ったので僕の思うところを再確認してみました。

続きを読む 歌う時、口は開いた方がいいの??

地声をいくら引っ張りあげても、高音は出ない。

ボイストレーニングにまつわる一番難しいポイントは裏声と地声のバランス。僕もそうでしたが、ほとんどの人は地声に偏りすぎていて、それ以外の出し方がわからないために高音域でも無理にそれをやってしまいます。

続きを読む 地声をいくら引っ張りあげても、高音は出ない。

裏声で低い声?これが意外に大切なのです。

裏声って言われると、だいたい高い声?と思うでしょう。高い声の裏声の方が出しやすいですよね。しかし、いわゆるミックスボイスを習得していく上で、地声と裏声のバランスをとってスムーズにつなげていくのに、低いところの裏声が重要なんです。

続きを読む 裏声で低い声?これが意外に大切なのです。

メッサ・ディ・ボーチェは究極のボイトレ?地声と裏声をつなごう。

前回書いた記事

ミックスボイスの練習に。まず裏声と地声の分離が大切。

こちらの続編、地声と裏声を分離させたら、つなげようということで、そこがミックスボイスの究極的な目的になるわけですね。

続きを読む メッサ・ディ・ボーチェは究極のボイトレ?地声と裏声をつなごう。

丹田は歌の土台、声の支えのための下半身力。腹圧を見直そう。

声を出すための土台は実は下半身にあります。応援団が大きな声を出し続けるために、腰を落として、腰割りの姿勢で下腹部から声を出しますね。ああいった下半身の基礎力が大切というお話。

続きを読む 丹田は歌の土台、声の支えのための下半身力。腹圧を見直そう。

歌う時、喉を開くイメージをもっと明確にするヒント。

ボイトレの基本として喉を開くというのがありますね。換声店付近でスムーズにミックスボイスに移行していくときのつなぎの部分で、喉を開くという動きがとても重要になるんですが、そのイメージを明確に説明してくれている記事がありました!

続きを読む 歌う時、喉を開くイメージをもっと明確にするヒント。

たまにはバカみたいな大声出してみたら?

ボイトレをいろいろやってきた人が陥りがちなのが、理屈が先行して考えすぎてしまうこと。偉大な歌手が、歌っている時にああ喉を開かなきゃ、体を使わなきゃ、お腹で息しなきゃ、頭に当てなきゃ・・とか考えてると思いますか???そんなわけないですよね。むしろそういう考えから自由になるために練習していくわけですが。

続きを読む たまにはバカみたいな大声出してみたら?