「ボーカル」カテゴリーアーカイブ

歌う時、鼻から息を吸わなきゃいけない理由。

歌うことは呼吸の芸術。

腹式呼吸??横隔膜呼吸法をマスターする方法 – LIVEARTIST

この記事に書いたように、歌は

いかに息を吐くか??というところがキモ。

息は吐けば自然に入ってくるよーとはいったけれど、大事なボイトレの基礎のことを説明しわすれてました・・・それは

吸う時は、鼻からね。

鼻呼吸の必要性と口呼吸の危険性 | 美容って何だろう

健康の面でも上のリンクみたいな指摘があるように、本来人も鼻で呼吸した方がいい!鼻から呼吸することで、鼻の中にあるいろんな部分がフィルターの役割をして、異物を排除してくれます。

そればかりでなく鼻から吸った空気は、湿り気を帯びるから喉がさほど乾燥しないんです。

歌を歌う上で大切なこと、それは声帯をうまく振動させることですよね??声帯がカッサカサの状態では摩擦として抵抗になってしまうばかりか、こすれ合って傷がついてしまったりします。

だから声帯は程よく潤っている状態が一番効率よく振動しやすいんです。

その状態を保つためにも、呼吸は鼻からを意識しましょう。

え、鼻からそんなに吸えませんよーというあなた。

それでも大丈夫。最初に言ったように、息は吐けば自然に入ってきます。ことさらに吸おうと意識しなくても、よっぽど鼻が両方つまりきってない限り、歌えるだけの息の量は十分に確保できるはずです。

さっきも紹介したこちらの記事と合わせて、基礎練習から感覚をつかんでみてください。

リップロールって効果あんのかい?というあなたに

現代的なボイストレーニングのど定番メニューとして定着してきた感のあるリップロール。

とりあえずレッスンのはじめとか、1日に歌い始める前ののウォーミングアップとして僕もよくやっています。

最初はなかなか息の量を調節できなくてできなかったあなたも次第にできるようになってきて、思うこと。

で、これってなんの役にたってんの???

 

というあなたに。リップロールに限らず、ボイトレが実際の歌に活かせてないあるあるパターンを解消するために必要な練習、それは

困ったら、そのボイトレのまま歌ってみる。

 

例えば、あなたが今練習している歌のあのサビの部分がどうしても歌えない・・・

それなら、リップロールのままそのメロディーを歌ってみて!

それですんなり歌えるならば、考えられることは

①どうしても感情とともに力が入ってしまう。

一番ありがちなのは結局これで、ミックスの音域はどうしても盛り上がる部分にあるので、張って歌いたい気持ちが先行して力が入る。喉が上がって締め付ける。いわゆるハイラリンクスの状態になる。

とはいえ、やっぱりリップロールで歌ってる感じで高音域出すとあまりに力が入らない感じなので弱々しく感じてしまう・・というのはわかるけど、音が高くなっているだけで盛り上がっている感じというのは結構伝わるもんです。

②母音の発声の仕方で、ミックスボイスに入りやすかったり入りにくかったりしている。

ミックスの音域ではどうしても母音によって出し方を調整しないと難しい場合があります。特に”い”の音などは舌の根元が上がる音なので、(わからない人は一切舌を動かさずに”い”と言ってみてください・・いえませんねw)そのまま喉まで上がってしまって締めてしまったりするのがよくあるパターン。

母音を改善して高音域の喉絞めを解消する – れみぼいすコラム

こちらのサイトにとても詳しく解説があるので、参考にしてみては。

③ブレスのタイミングや呼吸の仕方がうまくいっていない。

言葉が入っているとどうしても区切りの位置によってブレスが難しかったり、強調したい部分で息を使い過ぎていたりして最後まで余裕を持って歌えてないことも。

感情を込めるということは表現として大切なことですが、歌をうまく歌いこなすという意味ではエモーショナルになりすぎて息を使い過ぎ、最後まで歌えないというのは本末転倒。

スタートダッシュで息切れしてリタイアするマラソン選手みたいなものです。そういった問題がある場合も、リップロールであれば自然な喉の使い方に強制的になってしまうので自分の中での発声のイメージの軸になるはずです。

そういう意味でも、緊張してるときとか、喉をリラックスさせたいときとかにはベストな方法ですね。

万能に思えるけど、リップロールだけやり続けても裏声、地声の筋肉を鍛える効果はない。

ここまで言ってきて、最強のボイトレだ!なんて思われたかもしれませんが、リップロールはあくまでイメージトレーニングのようなもの。負荷がかかっていないので、根本的にミックスボイスを習得する上での基礎となる裏声の筋肉を鍛えたりする効果はありません。なのでやっぱり声を出す前のリラックス、ウォーミングアップ、イメトレとしてはいいと思いますが、実際に歌っていく上では他のトレーニングも必要になります。

こちらもあわせて読んでみてください。

裏声を鍛えるとこんないいことが。

ミックスボイスの練習に。まず裏声と地声の分離が大切。

メッサ・ディ・ボーチェは究極のボイトレ?地声と裏声をつなごう。

ボーカルフライとかエッジボイスとかって本当に使えるの?

ボイトレ中級者くらいになると、ボイトレでよくやるボーカルフライ、エッジボイスとかって結局どういう風に歌に活かしたらいいの??とお思いの人も多いでしょう。そもそもこれってなんの練習??

続きを読む ボーカルフライとかエッジボイスとかって本当に使えるの?

ボイトレって本当に必要ですかね??

日本でもボイトレという言葉が一般的になってきた感のある昨今。

ボイストレーニングと一言に言ってもいろいろな先生がいて、

クラッシックの声楽ルーツにある”発声”を教える先生もいれば、アメリカショービズ界で培われたスピーチレベルシンギングをベースにした先生もいるし、さらにそこから独自の解釈を加えたりオリジナルのメソッドを提唱したりしている人がいろいろいて、何が何だかわからないという人も多いはず。

ただ、僕がJPOPや洋楽ロック、R&Bなどを歌ってきて思うのは、現代的なポップスに必要なボイストレーニングの基本は、

いかに無理なく歌うかということ。

基本的な考え方としては

”あなたらしさを保ったまま、それを楽に歌えるようになろう”

ということが歌を長くたのしく続けていくコツです。

 

現代のポップスを聴いていればわかるように、歌い方やスタイルは千差万別。正解なんてない世界で、むしろ個性がないものは埋没していく世界。

シンガーの個性を殺さない、という意味で表現としては時に間違っているとされる発声をするのも全然あり。

ただ、それが苦しかったり、喉を痛めてしまったりして続けられなかったら(特にプロとしては)困るから

そのサウンドをキープしたまま、楽に出せるようになりましょうというのがボイストレーニングの役割です。

 

要は、

①ボイストレーニングは自分らしい歌をキープするためにある。

②ボイストレーニングと歌のスタイル作りは違う。

③ボイストレーニングだけで魅力的な歌にはならない。

 

ということを自分の中できちんと認識していれば、自分の声の軸のようなものがわかって、そこから自然な自分の声というのが見つかっていくはず。

自分の中でこういう歌い方が魅力的だと信じて歌っているはずの今のあなたのスタイルは、ひょっとしたらだれかのモノマネから影響を受けたものだったりするかもしれない。

でもそれはあなたにとって自然な声の出し方ではないかもしれない。

それを発見するのもボイストレーニングの役割です。

 

というわけで結論、

あなたらしく、いい歌を楽に、自由に、歌い続けたいなら
ボイストレーニングは必要です。

 

自意識過剰もほどほどに。

 

あいつ全然空気よめてないよな・・・

ダッサいのに気づいてないのかな・・

もはやイタイよね・・・

 

そんなアーティストを見ては、自分はそうはなりなくないなと思うことでしょう。でもそういう声に怯えて

 

この曲でいいんだろうか??

この衣装でいいんだろうか??

この歌詞は恥ずかしくないだろうか??

 

そんなことを考えすぎていつまでも人前に出れない頭でっかちはなおさらダメ。最初の一回目から完璧にできる人なんてまずいないし、その一回目を経るからこそいろんな感想が聞こえてきて、そこから改善していけるんです。

若い頃はとくに、人の目線とか、自分がどう思われてるかとか気になりますよね。それってとても感性が鋭い証拠。アーティストとして繊細な表現をする上でとっても大切なことです。

でも、だからこそ、絶対にかっこ悪いと思われたくない!

だから人一倍練習しよう!!

というモチベーションでやる人は、勝手に成功していきます。

人前に出る仕事は、自分を客観的にみつめて冷静に判断できる能力が不可欠。

最後に一つ、

あなたが思ってるほど、みんなはあなたのことを気にしてない。

ネガティヴにもポジティブにも捉えられるこの言葉を胸に抱いて。もっと自分を見つめなおして、いろんなことにチャレンジしていきましょう。

行動することで、答えは一つづつ見つかっていきます。