WEBで売る

なんなら新しい楽器とか発明しちゃえば??

YOUTUBEをいろいろ見てると、DIYでいろんな楽器を作ってプレイする動画をあげている人が結構いて、創造力を掻き立てられますよね。自分で作った楽器なら、自分がプレイしやすいように作れるし、何やってんだろう?と目を引きやすい。そんな方向性もありかもしれませんよ。

続きを読む なんなら新しい楽器とか発明しちゃえば??

自分をPRするためにSNSにはどんなことを書いたらいい?

SNSが日常化している時代ですから、アーティストもPRのためにSNSを使うのが当たり前。でもどんなことを書いたら効果的に自分のことを知ってもらえるのでしょうか?僕なりに思うことをいろいろとまとめてみました。

続きを読む 自分をPRするためにSNSにはどんなことを書いたらいい?

テレビを目指すより、ネットで話題になれ。

もうだれもが薄々感じていることではありますが、テレビの影響力は年々低下しています。数年前から予想はできたことですが、改めて数字を見てみると納得。特に若年層にアピールすることで回ってきた音楽カルチャーは、ネットからしか新しいものが生まれないという流れは確定しそう。

続きを読む テレビを目指すより、ネットで話題になれ。

アーティストがYOUTUBER的に商品宣伝してもいいじゃない。

個人でも、ネットメディアを駆使して名前を売るのが当たり前の時代。既存のアーティストだって、売れたら何かの商品のコマーシャルをやっていたりするんだから、やり方によっては逆に、商品の紹介動画で有名になるとかもアリな時代なのでは??

続きを読む アーティストがYOUTUBER的に商品宣伝してもいいじゃない。

PVまで自作して、ネットで話題になる時代。

最近ではYOUTUBEやニコ動でも自分で映像まで作って世界観を表現していくプロデューサーが現れましたね。映像の世界でも、プロ機材が手の届きやすい価格になったので、どんどんプロとアマチュアの差が縮まってきています。いっそ映像に力を入れてみるのも手かも??

続きを読む PVまで自作して、ネットで話題になる時代。

SHOWROOM、ニコ動・・新しいネット音楽メディアで売れる時代。

昨今のネット系音楽メディアは本当に面白くて、新しいスターが次々ここから生まれていく可能性を秘めています。これから売れたいアーティストはこれらを使わない手はない!!LIVEARTISTでもこれから全力でこれらのメディアでの活動をサポートしていきたいと思います。

続きを読む SHOWROOM、ニコ動・・新しいネット音楽メディアで売れる時代。

WELQ問題を受けて再確認。ネット記事に振り回されないように。

昨今WELQの医療記事が信ぴょう性に欠けるということで、社会問題にまで発展していますが、当ブログとしても、内容の信頼性はきちんと確認しつつ発信していこうと思う次第です。

音楽関連の情報、ボイストレーニング関連の情報も溢れかえっていますが、みなさんもぜひ、情報だけに振り回されることのないように自分の理想を追求していってくださいね。

続きを読む WELQ問題を受けて再確認。ネット記事に振り回されないように。

サブスクリプション配信がもたらす、セルフプロデュースの可能性。

Apple music、LINE music、AWAなど、サブスクリプション型の配信がメジャーになって浸透してきた感のある昨今。旧型のレコード産業としては打撃も大きい部分もあるんですが、これから世に出ようとしている皆さんにとってはいいことがたくさんあるという話。

続きを読む サブスクリプション配信がもたらす、セルフプロデュースの可能性。

ライブ動画は最高のPV。WEBにUPしよう。

僕は一時期ありとあらゆるところで弾き語りのライブをやっていたのですが、ある日友人が新しく小さなカメラを買ったということで録画させてほしいということになり、その動画をついでにネットにアップしました。

これが思いの外好評で、オーディションの担当者に見てもらうことができ、大きなチャンスにつながりました。

場所が国道沿いで半分外のような環境だったので、車の通る音がザーザー入っているような音質で、カメラもずっと正面からのカット、必ずしも動画としてのクオリティが高いわけではありません。それでもちゃんとパフォーマンスとしての魅力は伝わるんですね。

昨今では、昔のようにデモテープ、デモCDを配っても、なかなか聞いてもらえないという現実があります。業界の担当者ですらデータでファイルをやりとりしながらデモを聞いてもらったりするのが日常なので、CDドライブが付いていないパソコンしかないというような環境の人もいるでしょう。

そんな中で、多くの人が親しんでいるウェブの動画はかなり見てもらえる確率の高いメディアです。メールにリンクを貼って送ったり、ホームページ、ブログに貼るだけで、数回クリックするだけで見てもらえるし、早送り、巻き戻しも一瞬で出来るのがいいですね。

ここでも注意したいのは、動画のクオリティにこだわりすぎて何もアップできないような完璧主義には意味がないということ。

今ならスマホで撮ったような映像でも十分あなたの良さは伝わります。逆にそれで伝わらないならあなたのパフォーマンスの方をどうにかすべきなのです。

そういう意味では、ライブの動画をアップするというのが一番手軽でお勧め。緊張でうまくいかなかったとかいろいろあるかもしれませんが、それでもあなたの魅力はそこにつまっています。若いうちは特に、完成度は必ずしも必要ではありません。これからの伸びしろを評価してもらえばいいんです。

具体的には、YOUTUBEは王道ですが、ジャンルによってはニコニコ動画もコアなコミュニティの力で広がりが出たりするのでお勧めです。

どんどんウェブの世界に飛び出して、チャンスをつかんでいきたいですね。