「ライフスタイル」カテゴリーアーカイブ

リップロールって効果あんのかい?というあなたに

現代的なボイストレーニングのど定番メニューとして定着してきた感のあるリップロール。

とりあえずレッスンのはじめとか、1日に歌い始める前ののウォーミングアップとして僕もよくやっています。

最初はなかなか息の量を調節できなくてできなかったあなたも次第にできるようになってきて、思うこと。

で、これってなんの役にたってんの???

 

というあなたに。リップロールに限らず、ボイトレが実際の歌に活かせてないあるあるパターンを解消するために必要な練習、それは

困ったら、そのボイトレのまま歌ってみる。

 

例えば、あなたが今練習している歌のあのサビの部分がどうしても歌えない・・・

それなら、リップロールのままそのメロディーを歌ってみて!

それですんなり歌えるならば、考えられることは

①どうしても感情とともに力が入ってしまう。

一番ありがちなのは結局これで、ミックスの音域はどうしても盛り上がる部分にあるので、張って歌いたい気持ちが先行して力が入る。喉が上がって締め付ける。いわゆるハイラリンクスの状態になる。

とはいえ、やっぱりリップロールで歌ってる感じで高音域出すとあまりに力が入らない感じなので弱々しく感じてしまう・・というのはわかるけど、音が高くなっているだけで盛り上がっている感じというのは結構伝わるもんです。

②母音の発声の仕方で、ミックスボイスに入りやすかったり入りにくかったりしている。

ミックスの音域ではどうしても母音によって出し方を調整しないと難しい場合があります。特に”い”の音などは舌の根元が上がる音なので、(わからない人は一切舌を動かさずに”い”と言ってみてください・・いえませんねw)そのまま喉まで上がってしまって締めてしまったりするのがよくあるパターン。

母音を改善して高音域の喉絞めを解消する – れみぼいすコラム

こちらのサイトにとても詳しく解説があるので、参考にしてみては。

③ブレスのタイミングや呼吸の仕方がうまくいっていない。

言葉が入っているとどうしても区切りの位置によってブレスが難しかったり、強調したい部分で息を使い過ぎていたりして最後まで余裕を持って歌えてないことも。

感情を込めるということは表現として大切なことですが、歌をうまく歌いこなすという意味ではエモーショナルになりすぎて息を使い過ぎ、最後まで歌えないというのは本末転倒。

スタートダッシュで息切れしてリタイアするマラソン選手みたいなものです。そういった問題がある場合も、リップロールであれば自然な喉の使い方に強制的になってしまうので自分の中での発声のイメージの軸になるはずです。

そういう意味でも、緊張してるときとか、喉をリラックスさせたいときとかにはベストな方法ですね。

万能に思えるけど、リップロールだけやり続けても裏声、地声の筋肉を鍛える効果はない。

ここまで言ってきて、最強のボイトレだ!なんて思われたかもしれませんが、リップロールはあくまでイメージトレーニングのようなもの。負荷がかかっていないので、根本的にミックスボイスを習得する上での基礎となる裏声の筋肉を鍛えたりする効果はありません。なのでやっぱり声を出す前のリラックス、ウォーミングアップ、イメトレとしてはいいと思いますが、実際に歌っていく上では他のトレーニングも必要になります。

こちらもあわせて読んでみてください。

裏声を鍛えるとこんないいことが。

ミックスボイスの練習に。まず裏声と地声の分離が大切。

メッサ・ディ・ボーチェは究極のボイトレ?地声と裏声をつなごう。

ボーカルフライとかエッジボイスとかって本当に使えるの?

ボイトレ中級者くらいになると、ボイトレでよくやるボーカルフライ、エッジボイスとかって結局どういう風に歌に活かしたらいいの??とお思いの人も多いでしょう。そもそもこれってなんの練習??

続きを読む ボーカルフライとかエッジボイスとかって本当に使えるの?

ギターを持って、旅に出よう。ツアーのススメ。

 

 

2012年、僕は全国全都道府県を一人でギター弾き語りで回るツアーをやったのだけど、そこで得たものをいくつか。

①知らない土地で、知らないお客さんを相手にしても物怖じしない強いマインドができた。

これが一番の収穫。どんな新人アーティストも通る道いわゆる

どさ回り”はアウェーの連続。

例えば地方のショッピングモールで、子供からお年寄りまであらゆるお客さんがいる前で、面白いものを見せないと容赦なく人は通り過ぎていきます。

え、この人だれ?知らなーいと。

・・・はい、そうなりますよね。

そんなお客さんにちょっとでも足を止めてもらうために体感としてわかってきたのは、

掴みが大事。

ボソボソっというMCで、ゆったりした曲をやるみたいなスタイルでやっている人は特に(僕がそうだったんですが)第一声だけでも無駄に張って注目を集めるとか、そういう意識が必要。

②たくさんのライブを積み重ねることで演奏が安定する。

回数重ねるほど演奏にも余裕ができるし、この曲は確実に盛り上がる、とか確実に泣かせられる、という確信がもてるようになってくれば、自分のペースでライブを組み立てられるようになる。

毎回違うお客さんを前にやるので、反応もなんとなくわかるようになってくるものです。

③たくさん友達ができてとにかく楽しい!

遠方からツアーしてきた、というと地元の人はすこし特別扱いしてくれるもの。やっぱり苦労して頑張ってる人はどこにいっても応援されるのです。

ライブハウスで知り合った共演者と飲みに行ったり、家に泊めてもらえたり?気に入られたら次回のライブ時にはいろいろと力になってもらえたりもするでしょう。

音楽をやりつづける限り、どんな小さなつながりでも

人とのつながりは一生の財産です。

 

音楽ってそもそも、人とつながるためにやっているようなもの。

旅を通して、人としても成長できること間違い無しです。

 

高い声で歌う方法。

だれもが憧れる高い声。

最近のJPOPでもやはり高い声を自由自在に操れるシンガーがもてはやされている感じはしますよね。

出ないよりは、出るに越したことはない高い声。

いろんな練習方法がありますが、いわゆるミックスボイスを見つけるための代表的な練習方法としてはこういう方法もおすすめ。

上のエクササイズは次の動画にでてくるSeth Riggsというアメリカを代表するボイストレーナーのSLSメソッドに近いのか?

男性なら大体ミとかミのシャープくらい、

女性ならラとかラのシャープくらいから

だんだん地声がきつくなってきませんか??

 

一人で練習していても、

なかなか感覚がつかめない人はまずレッスンへ!