「ライフスタイル」カテゴリーアーカイブ

日本のボーカリストはリズムの意識が弱い??

僕はギターを練習した時に初めて、メトロノームを使って練習することの大切さに気づき、そこから“自分の中にリズムの軸がないと、リスナーにリズムを感じさせられないんだ!”いうことを学びました。

やっぱりそこまでは、自分のリズムに対する意識は弱かったと思います。楽器奏者なら当たり前のようにメトロノームを使った練習をするものですが、ボーカルはそういう習慣がない人がほとんどですよね??

海外のR&Bを聞いていると、トラック(オケ)の音数が極端に少ないようなものでも、曲としてとてもグルーブしていてなにか足りないというような感じがしないのに、

同じようなトラックで日本人が歌っていると途端にスッカスカに聞こえたりすることがあると思うんですが、それはやっぱり歌のグルーブの力じゃないでしょうか?

うまい人は歌だけで強力なグルーヴを生み出して、全体を引っ張ることができるのです。

グルーブを生み出すために必要な土台が、メトロノームで刻むように、ある一定のパルスを自分の中で保てるスキルなんですね。それがリズムの土台になります。

その土台のうえで、ジャストのタイミングで入ったりちょっと遅れたりしながら自由に動き回れることができれば、もっと歌がうまくなるし、歌っていて心地よく、楽しくなります。

多くの日本人は真面目な人ほど、とにかくジャストで入ることばかり意識しがちになって、力んでツッコミ気味になったり、合ってはいるけどグルーヴはしてない…という人が多い気がします。

しかしながら、とりあえずの練習としては、メトロノームにジャストで合わせられるようになる、というのが基本です。ジャストで合わせられるということは、意図的に外すこともできるということです。

なれるまでは常に、一人で練習するとき何をするにもリズムを感じながらやったほうがいいです。カラオケならオケのリズムがあるからまだいいのですが、別にコチラに何か合わせてくれるわけではないので、合わせようという意識が弱くなってしまいます。

これが誰かと一緒にアカペラ等やると、きっちりみんなでリズムも合わせなくてはいけなくなるので、意識が変わってくるのですね。

メトロノームを使って練習する、というのが酷であれば、足で一定のテンポを刻みながら歌うとか、ゴスペルのように2拍4拍で手拍子を入れながら歌うとか、曲調によって常にそのグルーブを感じながら、歌のラインだけで、どういうリズムの曲なのかということが伝わる歌を歌えるようになりましょう。

メトロノームってなれるまではほんとにめんどくさいんですよね…わかります。でも、慣れると絶対あわせて練習する方が楽しいですよ。

夢中なら、無敵モード。

何かに夢中になって、時間さえ忘れてた、という経験を誰もがしたことがあると思います。

そんなとき、人は最も自分の能力を発揮できている、最強モードになっているんだと思います。

人は興味のあることを最も効率よく吸収できるといいますが、いやいややらされている状態よりも、何かにハマってしまっている状態のほうが学習が早いのは当たり前ですね。

僕も何かの歌をうまく歌いこなしたい!と思ったり、もっとここの部分をいい感じに歌いたい!と熱中してしまって、気がついたらずっと練習してしまっていた、ということはよくあります。

結局、人は試行錯誤の繰り返しでしか成長できません。やりたい、けどできない、また挑戦、失敗、でもやりたい・・その繰り返しで少しずつ成長するんですね。

それをものすごい勢いで繰り返している状況こそ、夢中になっているという状況ではないでしょうか?

そこで大事なのは、同じことの繰り返しでは、夢中にはなれないというところです。

一つクリアしたらまた次、次といけるから熱中できるのであって、すでにクリアできた全く同じ課題に取り組むのはなんだかつまらないと感じてしまうものです。

ただ、例えば基礎練習として同じスケールの上がり下がりをやるとして、

なんだこれ毎日やってるしつまんないな・・

というのは違います。同じ練習を通して、今日はもっと楽に歌えるようにとか、もっと遠くに飛ばせるようにとか、チャレンジする要素を入れることで、どんな単調な練習でもやりがいあるものになるし、新しい可能性を発見できますよ。

 

 

 

 

批判を恐れず、踏み出した人だけ先に進める。

人前に出てなんぼ、目立ってなんぼのアーティストですから、あなたのことを好きになってくれる人ばかりではないでしょう。多少なりとも批判や中傷、笑われることだってあるかもしれません。

プロの世界に入ったとしても、絶対にそういう声はあり続けます。有名人のことを2ちゃんねるで検索してみれば、悪口を何も言われていない人の方が珍しいということがわかるでしょう。

誰しも完璧ではないので、何か批判しようと思えばいくらでもできてしまいます。ただ、その受け止めかた次第であなたの人生は大きく変わってしまいます。

そういう批判を、ただの誹謗中傷としてスルーするのか、逆に真に受けてしまって気にして何もできなくなるのか。人それぞれだと思いますが、僕は”そういう批判もあるんだな”と思って少し心に留めておく程度にします。実際的を得た指摘をされることもあるので、そういう時はできるだけ改善できるようにします。

なんども言いますが、アーティストには自信が絶対に必要です。ステージを降りたらビビりまくりのヘタレでもいいかもしれませんが、パフォーマンスしている間だけは絶対に自分を信じてやり切らなければならないのです。

逆にいえば、自分のパフォーマンスを信じ切ってやっていれば、そんな批判は大して気にならないはずです。

自分は自分の信じたことを全力でやるだけ。それ以外に何ができるの??という開きなおりです。

そういう強いマインドがあれば、多少のことで心はゆるぎません。それが逆に、普段から練習も中途半端で、今後のことも不安だらけ、いつもどこか自分を責めてしまうような毎日を送っていると、その心の隙に、そういう心無い言葉が刺さってくるのです。

得てしてそういう心無いことを言うような人達も、同じように満たされない人生を送っていたりします。足の引っ張り合いみたいなものなのです。

必要以上にムキになって反論したり、気にしすぎたり、落ち込んだり、そんなのは時間の無駄です。わかっていてもそうなってしまう・・という人は、自分自身の普段からのありかたを見直してみましょう。

朝から精一杯仕事(勉強?)して、いっぱい練習して、今日も1日やりきったな。という小さな充実感、達成感を日々感じていれば、あなたはきっと自分の人生を信じられるようになります。それがすなわち自信につながっていくのです。

あなたが心のそこから夢中になって、楽しんで、精一杯やれているなら、それこそそんな雑音すら聞こえてこないはずですよ。

いいイメージを鮮烈に頭に刻むために、ライブを体験しに行こう。

昨今ではインターネットでいろいろな音楽が簡単に手に入るようになったので、いろいろ聞いているだけでも飽きないし、ずっと新しいものを探していたくなりますね。

まだ今ほど音楽の情報が簡単に手に入らなかった時代でも、レコードを延々漁ったり、家で鑑賞するだけで満足したりする音楽ファンもたくさんいて、それはそれで悪くはないのですが

もしあなたが歌を歌ったり、ステージに立ってパフォーマンスをしたいなら、ぜひライブの現場に行ってみましょう。

その理由をいくつか。

①情報量が違いすぎるので、鮮烈に記憶に残る。

そこの会場にたどり着くところから、会場の空気、ファンの人たちの感じ、本人の立ち振る舞いまで、生は情報量が桁違いです。特に若い頃に見に行って感動したライブなどは一生覚えているもので、音楽性にも強い影響を与えます。

友達のライブとかでも、もっと俺ならこうするな、とか、映像ではわからないことがどんどん浮かんでくるでしょう。それだけ現場では五感も脳みそもフル回転するんですね。僕は結構引きこもって家でいろいろしがちだったので、もっと若い頃にいろんなライブを見に行っていれば音楽性も変わっただろうなと思います。

②いろんな人との出会いがある。同じ空間を共有できた一体感はかけがえのないもの。

海外に旅行にいくと日本人に会うだけでとても親近感が湧いたりしますが、同じライブに行っていた、ということもすごく親近感が湧いたりします。知らない人と隣り合って、お話するということは日本ではあまりないかもしれませんが、小さな友達のライブとかだと、友達の友達を紹介してもらえたり、いろんな出会いがあるでしょう。結局音楽活動を続けていく上ではつながりが全てです。みんなといろんな話をして、刺激を交換しあいましょう。

③自分がそこに立っているというイメージがしやすくなる。

やっぱり現場にいると、自分が代わりにメインに立っていたらどうだろうということがイメージしやすくなります。僕も大きな会場のライブをほとんど見たことがなかったのですが、プロのステージに立って初めて、それまでは夢の世界でしかなかったステージが現実的に見えるようになりました。

リアルにイメージする、ということは、自分をそこに近づけていく上で本当に大事なことなので、なるべく現実の体験を積み重ねていきましょう。

数万人規模のドームとかスタジアムで歌うってどんな気分??

数万人規模のコンサートでコーラスさせていただく機会があるのですが、それってどんな気分ですか?とよく聞かれます。

結論から言うなら、慣れたらどこでも一緒です!

1000人から3000人人くらいのキャパのホールツアー、10000以上のアリーナツアーも経験させていただいて、最初は確かに”ドームでかいなー!”と思いましたが、大規模なプロの現場の緊張感はキャパに関係なく同じ。

逆にプライベートな小さなパーティーとかで、ものすごく至近距離からみんながシーンとしてただ自分の音だけ聞かれている・・とかの方が緊張感あったりします。

あと、大きい会場はだいたいイヤーモニターなので、なんだか大きい会場なのに家でヘッドホンで音楽を聴いているような感じで歌えるので、そのギャップがまた、慣れると落ち着いてしまって・・リラックスしてできますよ。

歓声も含めて大きい音を聞きながら歌う方がテンションは上がるので、どっちがいいのかはわからないですが、耳を守る意味でも最近はどんどんイヤーモニターが増えていますね。

ただやっぱり、たまにサウンドチェックの時とかにイヤーモニターを外して、でっかいスピーカーから会場中に自分の声が響き渡るのを聞くと本当に気持ちいいですよ!!

いつかメインで大きなステージに立って歌って、そんな気持ちを味わえるように、チャレンジし続けて!!

そして普段から、そんな大きな会場にいる自分を想像しながら練習していれば、自然とスケールの大きな表現になっていくはずですよ。