アーティストの考え方

ものづくり地獄へようこそ。

星野源さんの”蘇える変態”という本を読んでいて、”ものづくり地獄”という作っても作っても満足できないループに陥る様が描かれていて共感したのですが、一線で活躍している人たちを少なからず見てきて思うのは、みんなこんな風に苦しい思いをしてやっと何かを生み出しているんだなあということ。でもやっぱり気づいたら同じとこに戻ってきてるんですよねえ。

続きを読む ものづくり地獄へようこそ。

Aki’s Guitar Shopでフレットの擦り合わせをしてもらった。

ギタリストほどにギターの調整にこだわりがあるわけでもなかったので、ギターのリペアという経験がほとんどないまま今まで来たのですが、今日初めてギターのフレットの擦り合わせをしてもらいました。

続きを読む Aki’s Guitar Shopでフレットの擦り合わせをしてもらった。

上達を焦るくらいなら、楽しめてないことを焦れ。

早く上達して上のレベルに行きたい、同世代のもっと上手い人と同じくらいになりたい、そんな思いで必死になって精神的に追い込まれてしまう時がありますね。僕も始めたのが遅かったので、気持ちはわかります。でも、一番の上達への近道は、心のそこからそれを楽しいと思えること。その気持ちさえあれば、何時間だって、いつまでだって夢中で練習できますからね。

続きを読む 上達を焦るくらいなら、楽しめてないことを焦れ。

教育ではなく、体験をつくること。

いよいよ明日、久しぶりに二子玉川KIWAでゲスト参加させてもらうライブが迫ってきました。迷っている方はぜひ!言えないですが、スペシャルなことが起きますのでw きっと人に自慢できる機会になると思いますよ。4/12のJ-POP JAMの準備も着実に進めているんですが、LIVEARTISTとしてやっていきたいことも明確になってきた気がします。

続きを読む 教育ではなく、体験をつくること。

悩んでる暇なんてあんの?真のアーティストはエゴを超える。

自分はどう見られているか?ちゃんとやれているのか?かっこよく見られているか?いろいろなことに思い悩むプロセスもきっと必要な時期があるでしょう。しかし、アートとはそこを超えてなにかもっと大きなものを表現することではないか?というお話。

続きを読む 悩んでる暇なんてあんの?真のアーティストはエゴを超える。

なぜ僕らの世代からSuchmosが生まれなかったのか?

Suchmosがブレイクしているということを感じたのが、去年末に大学時代の友達と忘年会をした時。みんなDJをやっていたのですが、こぞってSuchmosを絶賛していたのが印象的でした。ちなみに僕らは今年37歳ですが、彼らの音楽からそこはかなとなく感じるソウル、アシッドジャズ、クラブミュージック全般の影響は、まさに僕らの世代にドンピシャの感覚。でもなぜ、僕らの世代からSuchmosは生まれなかったのか?そんなことをいつも考えてしまうんです。

続きを読む なぜ僕らの世代からSuchmosが生まれなかったのか?

生徒であるより、アーティストであれ。

僕も”音楽スクール”と称して、ボイストレーニングやボーカルレッスンをさせていただいている手前、先生と生徒、という関係性がわかりやすいので便宜上”レッスン”という体にしているのですが、本当はそういう関係でなく、最初からみんなアーティストだという意識を持って接していきたいと思っているんです。

続きを読む 生徒であるより、アーティストであれ。

これからの世代のアーティストは、当たり前に世界を目指せ。

LIVEARITST2017年、今年から目指していきたいことをいくつか表明していこうと思います。昨今の音楽業界を見ていて思うこと、それは、これからのネットネイティヴ世代は、最初から世界を目指していくのが当たり前になる、という話。

続きを読む これからの世代のアーティストは、当たり前に世界を目指せ。

新年の決意を新たにする・・だけじゃほぼ意味ないから。

というわけで2017年、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。年始から立て続けに体験レッスンのお申し込みをいただいておりまして、素晴らしい行動力だなと感心しております。

続きを読む 新年の決意を新たにする・・だけじゃほぼ意味ないから。