キーボード

シンガーが楽器を始めるなら・・ピアノ?ギター?

僕は中学校からなんとなくギターを始めて、ピアノはうちの姉が習っていたのもあって、音楽に興味をもった同じ時期くらいから実家でたまに遊びで弾いてたりしました。

ギターでは最初に幾つかのコードを覚えて歌っていましたが、ピアノではコードという概念があまりわかっていなかったので、ビートルズの”Let it be”を譜面と格闘しながら練習したのを覚えています。

続きを読む シンガーが楽器を始めるなら・・ピアノ?ギター?

グッとくる”強い”メロディラインを作る方法

いいメロディラインはどうやってできるのか???

結論からいうと、どこまで突き詰めてメロディを研究しても、最後には感覚で判断するしかありません。

コード進行にはある程度の王道があって、最近のJPopに限って言うならそんなに種類は多くないと思いますが、メロディは千差万別、時代ごとに流行りのフレーズはあれど、こういう動き方をすれば泣ける、みたいな法則はありません。

ただ、ヒントがあるとしたらあなたが今までにインプットしたフレーズや歌い回しが、形を変えてそこにぴったりハマったときに新しいメロディが生まれるということ。

でもそれがハマった!!と判断するのも結局あなたです。

とにかくたくさんの歌を体にインプットして、新しいコード進行のうえでアドリブしながら歌ってみるのが最初はとっつきやすいと思います。

最初はひたすらトライ&トライ。キーを変えてみたり、リズムを変えてみたりしながら探っていきましょう。

要は、コード進行とメロディラインの候補を頭の中にどれだけ持っているかで、出来上がる曲のクオリティもかわってくるということ。

出会った曲はなんでもコピーしてコード進行を探ってみるくらいの気持ちがあれば、すぐにいろんなパターンが浮かぶようになりますよ。

そうやってずっと頭の中でいいメロディを探していれば、ある日ふと頭に浮かんだりするようになります。そのメロディとコードを楽器で探りながらつくれるようになったら、大体のことには対応できます。

コードを探るようになれるようにするためには、キーの概念が分かっていないと難しいです。キーの概念が分かっていれば、一つの進行を覚えるだけで全部のキーに応用できるようになります。それもまた詳しく書きますね。

歌をもっと理解したいなら、楽器もマスターしてみたら??

歌うことを始めたばかりでも、上級者のあなたも
歌うなら、楽器もやってみたらどうですか??という話。

歌を歌うだけでも十分楽しいけど、もしオリジナル曲を作りたいという願望があるなら、楽器も練習してみることをお勧めします。その理由としては

①音楽理論がわかるようになる。

音楽ができている仕組みを知ることで、結構世の中の曲がワンパターンだったり、逆にポップスでもありえないくらい高度な技巧が込められていることに気がついたり、音楽への理解度が深まります。

②一緒に演奏してくれるバンドとコミュニケーションがとりやすい。

ボーカルの人はとても抽象的に、ここはもっといなたい感じで!とか、オサレな感じがいい!とか指示を出す傾向がありますが、楽器が弾けるとより具体的に、”ここは7度の音ひかないで”とか”9度の音を入れてみよう”とか、その音が和音の中でどういう効果をもたらすかわかった上で指示が出せます。

③メロディ、ハーモニー、リズムに対する捉え方が変わる。

僕は楽器を通して、少し客観的に自分の歌を捉えられるようになったような気がします。というのも、歌だけ歌っていると歌だけに集中して独自の世界に入りがちですが、伴奏も一緒にやっているとその二つのバランスという意識が入ってくるので、自然と歌以外の周りの音に対する捉え方の意識が変わるような気がするんです。一歩引いいたところからみれるというか。

特に僕はリズムに関する感覚をギターから学んだなと思っています。楽器だと、クリック(メトロノーム)にだけ合わせて、その上で自分のフレーズをグルーヴさせるという練習をしたりするけど、歌ってあんまりやらないですよね?

でも僕はギターでそういう練習をしたからこそ、ギターが軸になって自分の歌のグルーヴとかも意識的にコントロールできるようになったかな?と思います。

というわけで、少し高度な話だったかもしれないけど
単純に楽器は楽しいし、弾き語りできるようになれば一人でも音楽が成り立つので、また奥深く楽しい世界が広がっていますよ。
どんな楽器がいいか?と問われたら普及度合からいうとやっぱりギターかピアノになるかなと思いますが、また改めてその辺書いていこうと思います。

ギター弾き語りなら吉田博のレッスンで!!

だれでもできるJPOP作曲のコツ。二つの超実践的なコード進行

作曲というと

音楽理論勉強しなきゃ・・

才能がないとできないんでしょ・・

とか思って知り込んでしまうあなた。

そんなことはありません。

ここでも書いたように、いろいろなやり方があるのでとにかく試行錯誤の繰り返しでなんとなく感じがつかめてくるようになります。

今回は実践的な情報として、こんなコード進行でとりあえずチャレンジしてみたら??というJPOPの定石パターンを2つ紹介。

①カノン進行

C-G-Am-Em-F-C-F-G

②JPOP王道進行

F-G-Em-Am(FM7-G7-Em7-Am7)

この二つは本当に多くの曲があるし、僕もいまだによく使う進行です。この二つの進行をいろいろキーを変えて弾きながら、いろんなフレーズを歌ってみたらきっと何かいい感じのメロディーがはまる瞬間があるでしょう。

とりあえずこの二つでサビになりそうないいメロディーが浮かんだらなんとなく歌詞の雰囲気を考えつつ、後からA,Bメロを考える、というやり方で僕もたくさん曲をつくりました。

日本人なら誰もがポップに聞こえる進行だと思うのでここからチャレンジしてみては??

もっと高度な作曲方法についてはレッスンで!!

ピアノ弾き語りの初心者へおすすめ。KeyCの定番。

ギターメインで弾き語りしているみなさんも、たまにピアノで弾き語りをしてみると世界が広がるはず。

ギターにくらべてアタックの出しにくいピアノではギターほどリズムを出しにくいですが、サスティンの長い音はそれだけで感動的。オンコードなど多様したカラフルなコードワークも自由自在。定番のパターンでバラードなどやれば絶対により感動的なものになります。

そこで初心者がまずチャレンジしてみたい弾き語り名曲集。

①LET IT BE

後期ビートルズ不朽の名曲。ポールマッカートニーの来日で再度盛り上がっている日本のビートルズ熱ですが、この機会に便乗して練習してみては??ちなみに僕も中学くらいのころに家のピアノでこれを練習したのがたぶん初めての曲。このバラード定番パターンもいろんなところで絶対使えます。

②AI STORY

女子ならこれはおすすめ。キーがCから最後Dに転調なので、そんなに難しくないかな??歌のキーも高くないし、みんなが知っている曲かつ友達がテーマの曲なので結婚式とかいろんな場所使えること間違い無し。

 

とかいかがでししょうか?

ピアノは作曲の勉強する上でもとても完成された楽器なので

音楽を志すならやっておいて損はない楽器です。

ぜひチャレンジ!