「ギター」カテゴリーアーカイブ

歌をもっと理解したいなら、楽器もマスターしてみたら??

歌うことを始めたばかりでも、上級者のあなたも
歌うなら、楽器もやってみたらどうですか??という話。

歌を歌うだけでも十分楽しいけど、もしオリジナル曲を作りたいという願望があるなら、楽器も練習してみることをお勧めします。その理由としては

①音楽理論がわかるようになる。

音楽ができている仕組みを知ることで、結構世の中の曲がワンパターンだったり、逆にポップスでもありえないくらい高度な技巧が込められていることに気がついたり、音楽への理解度が深まります。

②一緒に演奏してくれるバンドとコミュニケーションがとりやすい。

ボーカルの人はとても抽象的に、ここはもっといなたい感じで!とか、オサレな感じがいい!とか指示を出す傾向がありますが、楽器が弾けるとより具体的に、”ここは7度の音ひかないで”とか”9度の音を入れてみよう”とか、その音が和音の中でどういう効果をもたらすかわかった上で指示が出せます。

③メロディ、ハーモニー、リズムに対する捉え方が変わる。

僕は楽器を通して、少し客観的に自分の歌を捉えられるようになったような気がします。というのも、歌だけ歌っていると歌だけに集中して独自の世界に入りがちですが、伴奏も一緒にやっているとその二つのバランスという意識が入ってくるので、自然と歌以外の周りの音に対する捉え方の意識が変わるような気がするんです。一歩引いいたところからみれるというか。

特に僕はリズムに関する感覚をギターから学んだなと思っています。楽器だと、クリック(メトロノーム)にだけ合わせて、その上で自分のフレーズをグルーヴさせるという練習をしたりするけど、歌ってあんまりやらないですよね?

でも僕はギターでそういう練習をしたからこそ、ギターが軸になって自分の歌のグルーヴとかも意識的にコントロールできるようになったかな?と思います。

というわけで、少し高度な話だったかもしれないけど
単純に楽器は楽しいし、弾き語りできるようになれば一人でも音楽が成り立つので、また奥深く楽しい世界が広がっていますよ。
どんな楽器がいいか?と問われたら普及度合からいうとやっぱりギターかピアノになるかなと思いますが、また改めてその辺書いていこうと思います。

ギター弾き語りなら吉田博のレッスンで!!

だれでもできるJPOP作曲のコツ。二つの超実践的なコード進行

作曲というと

音楽理論勉強しなきゃ・・

才能がないとできないんでしょ・・

とか思って知り込んでしまうあなた。

そんなことはありません。

ここでも書いたように、いろいろなやり方があるのでとにかく試行錯誤の繰り返しでなんとなく感じがつかめてくるようになります。

今回は実践的な情報として、こんなコード進行でとりあえずチャレンジしてみたら??というJPOPの定石パターンを2つ紹介。

①カノン進行

C-G-Am-Em-F-C-F-G

②JPOP王道進行

F-G-Em-Am(FM7-G7-Em7-Am7)

この二つは本当に多くの曲があるし、僕もいまだによく使う進行です。この二つの進行をいろいろキーを変えて弾きながら、いろんなフレーズを歌ってみたらきっと何かいい感じのメロディーがはまる瞬間があるでしょう。

とりあえずこの二つでサビになりそうないいメロディーが浮かんだらなんとなく歌詞の雰囲気を考えつつ、後からA,Bメロを考える、というやり方で僕もたくさん曲をつくりました。

日本人なら誰もがポップに聞こえる進行だと思うのでここからチャレンジしてみては??

もっと高度な作曲方法についてはレッスンで!!

ギターを持って、旅に出よう。ツアーのススメ。

 

 

2012年、僕は全国全都道府県を一人でギター弾き語りで回るツアーをやったのだけど、そこで得たものをいくつか。

①知らない土地で、知らないお客さんを相手にしても物怖じしない強いマインドができた。

これが一番の収穫。どんな新人アーティストも通る道いわゆる

どさ回り”はアウェーの連続。

例えば地方のショッピングモールで、子供からお年寄りまであらゆるお客さんがいる前で、面白いものを見せないと容赦なく人は通り過ぎていきます。

え、この人だれ?知らなーいと。

・・・はい、そうなりますよね。

そんなお客さんにちょっとでも足を止めてもらうために体感としてわかってきたのは、

掴みが大事。

ボソボソっというMCで、ゆったりした曲をやるみたいなスタイルでやっている人は特に(僕がそうだったんですが)第一声だけでも無駄に張って注目を集めるとか、そういう意識が必要。

②たくさんのライブを積み重ねることで演奏が安定する。

回数重ねるほど演奏にも余裕ができるし、この曲は確実に盛り上がる、とか確実に泣かせられる、という確信がもてるようになってくれば、自分のペースでライブを組み立てられるようになる。

毎回違うお客さんを前にやるので、反応もなんとなくわかるようになってくるものです。

③たくさん友達ができてとにかく楽しい!

遠方からツアーしてきた、というと地元の人はすこし特別扱いしてくれるもの。やっぱり苦労して頑張ってる人はどこにいっても応援されるのです。

ライブハウスで知り合った共演者と飲みに行ったり、家に泊めてもらえたり?気に入られたら次回のライブ時にはいろいろと力になってもらえたりもするでしょう。

音楽をやりつづける限り、どんな小さなつながりでも

人とのつながりは一生の財産です。

 

音楽ってそもそも、人とつながるためにやっているようなもの。

旅を通して、人としても成長できること間違い無しです。