オーディション情報はここでみたらよし。

オーディションを受けてみたい、でもどんなところなら信頼できるのかわからない、という子がたくさんいます。オーディション情報って怪しいやつも多いので、ぜひ気をつけて欲しいのですが、信頼できるサイトはこちら。

歴史ある業界紙としてMusicmanは絶大な信頼あり。

Musicmanはどちらかというと音楽業界で働く裏方の業界紙という感じで、スタジオにいくとだいたい置いてあるんですが、ここに乗ってるオーディション情報も信頼できるのでおすすめです。
結構メジャーどころばかりなんですが、結局今の時代、オーディションで採用されてもメジャーどころでちゃんと予算をかけてプッシュしてくれるようなところじゃないと入る意味が全くないと思います。

だって、低予算であとはお前らがんばれ!みたいなとこだったら今の時代自力である程度頑張れますから。どちらかというと僕は、アーティストを目指すなら先に自力で頑張って、ある程度ファンをつけてからより拡大したいときにマネジメントやレーベルを検討すべきと思います。

逆に、タレントとかアイドル志望だったら違うかもですが。メジャーどころは、育成前にすでにイメージが着いてしまっているのを嫌うところもあるので、なるべく若いうちで、全く活動していない原石みたいな子のニーズもあります。

僕はそういうタレント養成スクールでも教えたりしているので、その方向で頑張る子はやっぱり小さい頃から子役やったりオーディション受けまくったりしてますね。

この方向はどうしても若い方が有利です。10代で必死に頑張って、20代半ばくらいまでなんとか可能性があって、それ以降は実力のみの勝負、というようなイメージを僕は持っています。もちろん例外はありますが。

怪しいところが多すぎるので、とにかく用心してください。

もちろん、ここにのっていないオーディション情報でも、有名なタレントさんをたくさん抱えているようなところの話なら信頼できるのではないかと思いますが

ただでさえ条件やらなんやら、将来性も入ってみないと全くわからない世界です。よく、なんたらという事務所に誘われたけどどう思いますか?と聞かれますが

僕もなんでもわかるわけではないので、知らないところは調べたり、電話かけて見たりしますが、実績のないところは詳しく条件を聞いて見ないと詐欺に近いところもあります。

自己責任で!と言っても、本人には数少ないチャンス、ただでさえ希望が少ない中で応援してくれる人がいるだけで心強い、それなら多少お金払ってでも夢に掛けたい・・

そんなことで多額のレッスン料?制作費?など前払いしている例も見て来ました。正直僕も昔そういうのに騙されかけたこともあるし、本当に悔しいことですが、夢を食い物にするような商売はあとを経ちませんね・・

だからこそ、確実に信じられることって、自分で少しでも活動を続けて一人づつファンを増やしていくことだと思うんです。それをやっていれば可能性はずっと広がっていくわけですから。

簡単に誰かがあなたを売ってくれるなんてことは、よほど才能があるとか容姿に自信があるとかでなければまずありえないでしょう。

でもこの業界の荒波で、そういう自分の意志がはっきりしていないような人が強く生き抜いていけるとは到底思えないんですよね。

いろんな経験をして、評価をされていくことは、パフォーマンスを磨く上でも勉強になると思うので、ぜひたくさんチャレンジしてもらいたいと思いますが、きちんとしたところを自分で見極める目も養った上で、全力でやってみてくださいね!!

この記事を書いた人

吉田 博
吉田 博
2004年、早稲田大学政治経済学部卒業後に歌を志す。メーカー営業マンとして働く傍ら2010年久保田利伸全国ツアーのコーラスメンバーに選出され脱サラ。楽曲提供、全国全都道府県ギター弾き語りツアーなど敢行。西野カナ"Dear Bride"、"Esperanza"、"beloved"他多数作曲(共作)、AKB48"M.T.に捧ぐ"作編曲、乃木坂46”光合成希望”作曲、XOX"ダイジョーブ"作詞作曲編曲など楽曲プロデュース。久保田利伸、嵐、堂本光一ツアーなどにコーラス参加。LIVEARTIST代表。

レッスンの詳細はこちら